08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

『スター・トレック』["STAR TREK"] 


2009.06.18(Thu)

st
久しぶりに映画館に足を運んだ。梅雨時はスカッと出来る作品が好いと選んだのがこれ。自分としては珍しい選択だが、現在の撮影技術の水準を推し量る上でも見ておきたかった。VFXの素晴らしさは想像以上で一体どうやったらこんな映像が撮れるのか見当もつかない。金と時間の掛け方が半端ではないと言ってしまえば簡単だが、それとは別に、センスのようなものが違うのではないか。それはスクリーンに映し出された映像を想像する力と言い換えても良いと思う。今はやりのアナモフィックで撮影されているが、これぐらいの比率が映画を観たという充実感を与えてくれるように思う。ただその効果を強調するあまり横に伸びるブルーフレアーが多用されていて、画的に煩いのが気にかかった。
(SFのセオリーを無視しているところはあるにせよ)話としてもよく出来ていて、お馴染みカーク船長とMr.スポックはじめ司令室にいる面々の若き日のエピソードというのは悪くない。スタートレックのファン(トレッカーというらしい)でなくとも楽しめる。レオナード・ニモイが同じ役どころで出ていたのもTV放映を観ていた世代としては懐かしい。

category: 映画のはなし About Movies

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 機械のフェティシズム。[Fetishism in machine.]  | h o m e |  タルコフスキーを超えて。To exceed Tarkovskii. »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/90-a5b31de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。