09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

贈る言葉 


2015.03.18(Wed)

 初夏になったかのような好天の昨日、私が講師を務める専門学校の卒業式があった。三年制の学校で、四年前から教え始めた私にとっては、入学から卒業までの三年間を通して教えることのできた最初の生徒たちの卒業である。であるから、彼ら9期生の門出は特別感慨深いものがある。
 現在の技術は驚くべき早さで更新されていく。三年前に最新であった技術が今では旧いものにすらなりかねない。ならば私が彼らに伝えるべきは次のようなことではないだろうか。もの創りの、特に映像という分野での楽しさと困難さである。クリエイティブに携わる者としてどのような姿勢でそれと向き合うべきか。その基本的な考え方を伝えることが出来たら良いと考えていた。だが振り返ってみれば、それを充分に伝えきれてはいないのではないか。教えることに未熟な私は却って彼らから学ぶ方が多かったようだ。忸怩たる思いである。その反省も込め、改めて「贈る言葉」として書き留めておくのも善いことではないかと思う。

「世界と向き合うには、自分にとって自明のことが他者にとってはそうではないという認識が必要となります。ものを創ることの成否はそのことにどれだけ自覚的であるかにかかっています。他者に何かを伝えようとしたとして、百の言葉を尽くして伝わるのはせいぜい十程度でしょう。だから尚更「言葉」を尽くすべきなのです。それでも容易に理解されないものがその人の個性になるのではないかと思います。
 当たり前のことですが「言葉」は文章や会話だけとは限りません。映像も音もまた「言葉」であり、あらゆる手段が「意味(無意味も含め)」を体現するように作用します。つまり表現する者にはあらゆるチャンネルが開かれています。開かれているが故に、時として、表現者の意図に反し空回りしたり、目論見以上に芳醇な香りを放ったりします。一方、受け手にはそれを理解する能力と努力が要求されます。しかしながら、その努力を促すのはやはり作り手の責務です。それが出来ていれば、一瞬にして「物語」のすべてを表出させる表現を獲得するが出来ることもあるのです。いずれにせよ、送り手と受け手との関係においてのみ表現は成立しうるのです。
 こと、映画のような時間芸術に限定するならば、目指すべきはその時間内における変化です。作品と向き合う時間の中で始めから終わりまで何の変化もなければそれは至極退屈です。受け手にとってはそれがない作品と向き合うことは極めて無駄な時間ともいえます。Aと認識されていたものがBに、Cに変わったところに人は心動かされるのです。変化は何の前触れもなく起こるものではありません。受け手はどんなに幽かなものでも(意識するしないに関わらず)それを敏感に感知します。ですから作り手は些細なことにこそ注意を向けるべきであり、少しでも手を抜けば、途端に作品は白々しいものになってしまいます。作品におけるリアリティは細部から担保されるのだということを忘れてはならないのです。大きな嘘をつくために手抜かりがあってはならないのです。
 ただし映画を作ろうとして映画の真似をしてはならないと思います。「映画っぽいもの」が如何に映画から遠いか。映画とはもっと自由で自律的なメディアです。それを信じられるならば、その表現はより豊かにそして最も新しいものとなるはずです。優れた表現とは新しい表現に挑もうとする勇気の結果としてあるものなのかもしれません。」

 新しく社会の扉を開くすべての諸君にエールを送る。

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 初心  | h o m e |  『アメリカン・スナイパー』 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/345-fed18e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。