05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

『アメリカン・スナイパー』 


2015.02.25(Wed)

アメリカン・スナイパー

 奇跡は起こらなかった。少なくとも私の目の前では。
 最初に断っておかなければならないのは、イラク戦争において伝説的な狙撃手となったクリス・カイルの手記を映画化した本作が駄作であるということではない。寧ろ凡百の作品より遥かに優れているということを前提にした上での話である。私にとって、イーストウッドの映画を見ることは、即ち、映画の奇跡を体験することと同義語である。例えば、『チェンジリング』における母と息子の、永遠の別れとなる場面を思い起こすがいい。そこに一瞬立ち現れた、映画としか言いようのないもの。この、瞬時にその物語の全容を得心出来るような奇跡的なショットを観よ。『許されざる者』では年老いたガンマンが昔の仕事を再開すべくかつての相棒を訪ねる。その場面にもまた映画でしか味わえない醍醐味がある。或は『ジャージー・ボーイズ』の大団円でもいい。だから私は「アメリカン・スナイパー』において、それがまたどういった風に現れてくるのか息をひそめて画面を見続けていたのである。イーストウッド当人にとっては極めて迷惑な話だろうが、私のイーストウッド映画に対するハードルは極めて高いと言える。
 イーストウッドは、アメリカの歴史をずっと撮って来た。その中で、彼の視線の先にあるのは、常に、抗いようのない現実に翻弄されながらも自分の生き方に忠実な一個人である。ここで描かれたクリスもその例外ではない。イーストウッドが保守であろうとリベラルであろうとどうでもいいことである。信用すべきは彼の眼差しの確かさである。敵の死は、それが例え女子供に起こったことであろうと遥かに遠く、味方の死はあまりに近い。今まで彼以外に誰がこの避け難い戦争の現実を視覚として切り取った者がいただろうか。また、あらゆる対立と葛藤が物語の推進力であるとしたら、本作はその見事な典型であるだろう。父と子、兄と弟、夫と妻、敵と味方、持つ者と持たざる者、そして何よりも自分の心の中にあるアンビバレンツな感情。
 それでもなお、130余分の間ずっと、一瞬にして立ち上がってくる何か、奇跡としか言いようのないショットを観たいと乞い願っていたのである。だからそれを観ることもなくエンドクレジットが流れた途端、失望が勝ってしまった。そんなショットがあったなら、間違いなくイーストウッドの最高傑作として(彼の場合、いつだって最新作が前作を上回るのだが)記憶したに違いない。もしかしたら大事な場面を見落としていたかも知れない。映画館で作品を観るのは一回だけと頑に決めているので確かめようもないのだが、そんな気にさせるのも彼の名人たる所以である。撮影はいつものトム・スターン。相変わらず手堅い画を撮る。砂嵐の中での脱出劇の描写は素晴らしい。

category: 映画のはなし About Movies

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 贈る言葉  | h o m e |  予感とサイン。 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/344-c1c10fa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。