09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

人質殺害事件に思うこと。 


2015.02.03(Tue)

 1日の未明、湯川遥菜さんに続いてジャーナリスト後藤健二さんが殺害された。湯川さん殺害のニュースに接して、日本人の誰もがせめて後藤さんだけでも無事帰国して欲しいと切に願っていたはずだ。しかしそれが叶わなくなってしまったのだ。私自身まだ気持ちの整理をつけることが出来ない。ISISのやっていることはどのような口実を設けようと許されるべきことではない。二人の死に対して深く哀悼の意を表したい。
 言うまでもないことだが、世界各地で起きていることを我々が瞬時に知ることが出来るのはジャーナリストがいるからである。戦争や紛争、テロリズムが今、世界を覆い尽くそうとしている。命の危険を顧みず、彼らが報道してくれるからこそ、我々は自ら危険に会わずしても、そうした悲惨な状況を知ることが出来る。使命感、義務感、正義感、或は功名心。彼らを突き動かす理由は様々あるだろうが、彼らの仕事がなかったとしたらどうだろうか。何も知らされないことがどういった結果をもたらすか、我々はそれを4年前に痛いほど味わったのではなかったか。情報や知識が多ければ多いほど物事に対して正確な判断が出来る。ジャーナリズムは民主主義の根幹を成すものとしてある。
 ところで、日本は極東の島国、先進国としては極めて特異な地理上にある。その地理的な特殊性ゆえ、今まで世界の(過酷な)情勢からある程度の距離をとっていられたに違いない。だから日本人の多くは、地続きの国境をもつ多くの国々の民が当たり前のこととして持っているであろうある種の緊張感とは無縁であり、危機に対していささか目が曇っていることは否めない。紛争各地域を精力的に取材し、危機管理に関しては相当の経験を詰んだ後藤健二さんでさえ日本人特有のナイーヴさから逃れることは出来なかったのではないだろうか。後藤さんの判断の中に甘いものがあったとして、我々がそれを責めることは出来ないはずである。まして状況というのは刻々と変化する。ある時点では比較的安全だった地域が次には危険極まりない地域になっていることだってあるのだ。彼の人となりを知るにつけ彼が本当に心優しい人であったことが判る。紛争地域で暮らす子供たちに深く気持ちを寄せていたようだ。皮肉なことに、最終的に人は信じるに足る生き物である、という思いが彼を窮地に追い込んでしまったとのではないかという気がする。
 そうした彼の生き方の対極にあるのが安倍晋三を筆頭とする「ネオコン一味」ではないか、と私は考えている。残念ながら安倍は一国の代表としては単純すぎるし、弱者に対する眼差しが決定的に欠けている。しかも歴史に対する謙虚さが足りないから、未だに、エコノミックアニマルと揶揄された時代の感覚で国の舵を取ろうとしている。(・・・彼の出自からすれば詮無きものかも知れないが。)二人もの同胞を人質に取られながら、あのタイミングでの原発などの売り込みとその見返りとして支援を表明したことでテロリストには過ったメッセージを送ることになったのではなかったか。フランスでテロが起きた直後のことである。それを日本(安倍自身と言い換えるべきかも知れない)を中東に売り込むチャンスと捉えたなら、その時点で、二人の邦人を見捨てたことになる。後で慌てて「人道」の文言を付け加えたが「ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します」がどのように捉えられるか判らなかったとしたらあまりに浅はかである。
 今後の政府の対応次第では日本人が更なるリスクを背負うことになる。無論、随分前からイスラム過激派にとって日本は標的であった。しかしその優先順位は決して高くはなかったはずだ。欧米各国とは微妙な距離感があったと言うべきだろう。ISISの戦略に乗せられることをすべきではないけれど、彼らをことさら刺激することが正しい道であるとは思わない。欧米各国におもねって軽々に「罪を償わさせる」などと言うべきではなかったと思う。そもそも、世界の警察を自負する米国でさえ手出し出来ない状況で、どのように罪を償わせるというのか。そこに安部の無邪気な覇権主義信奉をかいま見ることが出来る。覇権主義に対抗するために自ら覇権主義の道を取ることは愚かなことだと思う。ISISの論理と何ら変わることがないではないか。アジアの片隅で資源も乏しい国が取るべき最良の道は全方位外交しかないと、昔、教わったことがある。まだ日本が戦争の記憶と向き合っていた頃には、そうした真っ当な考え方が主流だったように思う。地理的な特殊性は即ちその国の独自性である。一部世界の潮流に乗っかることは自らのアイデンティティーを捨て去ることである。
 恐怖による人心のコントロールがテロリズムの定義だとすれば、国家もまたその芽を孕んでいることを我々は自覚しなければならない。「人間がおこなうとは思えない行為」もまた人間がしている事に変わりはない。人間はおかれた状況によって悪魔にも天使にもなり得るのだ。ISISはこの上ないほど極端ではあるが特殊な事例であるとは考えない方が良い。いずれにせよ、恐怖によって人を完全に統治することは出来ない。過激主義の末路は決まっている。やがて内部から崩壊して行くに違いない。だが時間はかかる。長い時間軸の中でみれば世界は少しづつ善い方向に向かっている。短気を起こすべきではない。実時間を基準にすれば功利主義に陥ることは明白である。反知性主義、ポピュリズムが世界的な潮流だと言うが、例えばトマ・ピケティの「21世紀の資本」が世界的なベストセラーになったことなどを考えれば、希望はある。テロリズムを防ぐために我々に出来ることがあるとすれば、それは、個々人が正しい知識を持つこと以外にない。正しい知識こそが感情と理性の調和を担保する。
 後藤さんの仕事を忘れないでいよう。それが彼の鎮魂となる。

(※湯川さんの死についてはまだ上手く整理出来ていない。申し訳ないと思う。人の命の重さに変わりはないはずだが、どうしても後藤さんと比較してしまうのだ。私の中にある偏見が邪魔をしているのだと思う。だが彼の冥福を祈る気持ちに変わりはない。)

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« ふたりのケンジ。  | h o m e |  イスラム原理主義 »

コメント


ご無沙汰しております。
この事件の発生以来、SNSなどを含め多くの見解、コメントを見聞きしてきましたが、氏の言葉が私の心に最もフィットいたしました。

>> 恐怖による人心のコントロールがテロリズムの定義だとすれば、国家もまたその芽を孕んでいることを我々は自覚しなければならない。「人間がおこなうとは思えない行為」もまた人間がしている事に変わりはない。人間はおかれた状況によって悪魔にも天使にもなり得るのだ。

>>テロリズムを防ぐために我々に出来ることがあるとすれば、それは、個々人が正しい知識を持つこと以外にない。正しい知識こそが感情と理性の調和を担保する。

私自身の心に、頭に刻んでおこうと思います。

いつか、どこかでご一緒できる日を夢見ております。
【2015/02/03 21:59】
URL | 古野達也 #- *編集*

古野様
こちらこそご無沙汰しております。
ご活躍の様子、伺っております。
拙ブログを読んでいただいてありがとうございます。
以前のように日々UPするほどの情熱はなくしておりますが、
今回の事件に対しては自分なりにしっかりと整理しておかなければならないと強く感じております。
拙ブログがものを考える上で何らかのヒントになっていただけたなら幸いです。
【2015/02/04 07:33】
URL | Sumio #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/340-734694e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。