06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

種をまく~北原さんへのメール。[Planting seeds~Mail to Mr.Kitahara.] 


2009.02.14(Sat)

あらゆる環境や思想が根絶やしにされてしまった現在に生きる我々がもう一度それらを取り戻すためにどうすれば良いのか?技術継承の場、批評の場、セーフティーネットとしての場、それら三つが必要なのだと思います。最早技術の伝承は企業との連携なくしては出来ません。フィルムメーカーやカメラメーカーあるいは機材レンタル会社などがセミナーや研究会という形で技術を学ぶ場を提供していくべきでしょう。またCML(Cinematographer's Mailing List)のようなものが早く日本でも出来ると良いと思います。レッドユーザーJPの掲示板などはとても良い試みだと思っています。批評もネットが一番なのでしょうが、これは個別にやっていても少しも広がっていきません。そこにアクセスすればあらゆる議論が閲覧出来るようなビッグサイトが必要だと思います。映画情報サイトの多くはそういうコーナーを設けていますがあまりにもレベルが低い。一定以上のレベルを取り込める場(=プロユース)があれば良いと思います。それがあるなら私のブログなどいつでも閉じても良いです。
セーフティーネットの場は解り難いかもしれませんが、今で言うならワーキングシェアでしょうか。撮影所では正統な競争と同時に仕事の斡旋なども頻繁に行われていたはずです。成る可く多くの人間が業界に生き残っていて欲しいと単純に思いますが、少数の人間に仕事が集中する状況というのは決して良いことだとは思いません。量というのは質を向上させます。多くの人の様々な個性がぶつかり合って、その混沌の中から初めて素晴らしいものが生まれてくる。そうは思いませんか?CM業界ではキャメラマンでいられる期間は10年程度と言われています。しかも第一線で活躍出来るのはせいぜい30人程度だとも聞きました。その30人程度の人たちがぎりぎりのスケジュールで働いている(働かされている)に過ぎません。CMは言ってしまえば商売には違いありませんが、文化の側面を強く持っています。文化というのは長い時間をかけて熟成していくものです。キャメラマン個人でさえ10年経ってようやく見えてくるものは沢山あります。寧ろそこからがスタートなのかもしれません。けれど日本のCM業界は長いスパンでは物事を見ていません。逆に映画界は一本立ちする時期が遅過ぎる。だからいつまでたっても若返り出来ない。CMに限らず、早晩日本映画も誰にも見向きもされない時期がやってきます。人の気持ちを繋ぎ止めるだけの豊かさを失いかけているからです。こうした場を作るのがもっとも難しい。逆に言えば、これさえ巧く機能し始めたら全ては好転すると思います。
場をどうやって作り上げていくかでしたね。戦後60年以上をかけて壊れてしまったものは、一朝一夕で直るものでもありますまい。それ以上の時間が必要です。これといった有効な方法は残念ながらありません。私が生きているうちに良い方向に向うとは到底思えません(苦笑)。只ただ愚直に根気よく発言していくしかないでしょう。それが何らかの萌芽を促すことを信じて。本来ならJSC(日本撮影監督協会)のような組織がそうしたことを率先してやるべきなのでしょうが、形骸化・硬直化した組織は流れを変える力を何ら持っていません。わたしも一応そのメンバーですが、新参者が自由に振る舞えるような包容力を持った場所ではありません。スピードも遅い。過去の財産を食い潰しているだけに見えます。それに先人に倣うならそうした組織も一つではいかにも不足です。

category: 【オープンルーム】Bulletin Board

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« カメラの高さ。[Hight of the camera.]  | h o m e |  幸せな時代~北原さんへのメール。[Good Old Days~Mail to Mr.Kitahara.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/3-60d9fd47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。