08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

CAROLE KING & JAMES TAYLOR "THE TROUBADOUR REUNION" TOUR 


2010.04.18(Sun)

人にとっては時間というのは残酷なものである。過ぎ去った時間を取り戻す事は出来ない。けれど、その失われた時間は、決して消えてなくなってしまうものではない。記憶の中でそれはずっと輝き続けている。音楽の素晴らしさはそれが人の記憶と密接に結びついている事だ。記憶の抽き出しに付けられたラベルのようなものかもしれない。そして優れた楽曲というのは過去の特定の記憶と結びつくだけでなく、新たな記憶をも再生産してくれる。
昨夕、キャロル・キングとジェームス・テーラーの日本最終公演が横浜であった。幸運にもたまたま友人が行けなくなってチケットを譲ってもらった。暫く音楽を聴くのさえ辛い日々を過ごしていたが、彼らの音楽に心癒されて来た者の一人として、本当に好い機会に恵まれたと思う。彼らが華々しくミュージックシーンに登場したのは70年代初頭、SSWのブームの頃。あれから40年近く経ってしまったが、長い年月を軽々と飛び越えて今なお、彼らの歌は心に深く響いてくる。個人的な思いとも相まって図らずも涙が止まらなかった。久しぶりに友人たちとも会えて、CAROLE KING & JAMES TAYLOR "THE TROUBADOUR REUNION" TOURは思いで深いライヴのひとつになった。
CKもJTも60を遥かに越えているはずだが実にパワフルだ。生真面目なソウルミュージックとでも言おうか。実に暖かい雰囲気だった。JTの声が40年前と少しも変わっていないのには驚かされる。バックを務めたのは伝説のセクション。ギターのダニー・コーチマーのエンジンは後半になってからようやくかかって来た感じで少しばかり残念であったが、リー・スクラー(Bass)、ラス・カンケル(Drums)のリズム隊は完璧。円熟とはこういう事を言うのだろう。セットリストをWebで見つけたのでこちらに転載しておく。

01.Blossom 花(JT)
02.So Far Away ソー・ファー・アウェイ (CK)
03.Machine Gun Kelly マシン・ガン・ケリー (JT)
04.Carolina In My Mind 思い出のキャロライナ(JT)
05.Way Over Yonder ウェイ・オーヴァー・ヨンダー (CK)
06.Smackwater Jack スマックウォーター・ジャック(CK)
07.Country Road カントリー・ロード(JT)
08.Sweet Seasons スウィート・シーズンズ(CK)
09.Your Smiling Face きみの笑顔(JT)
10.Song Of Long Ago ソング・オブ・ロング・アゴー(CK)
11.Long Ago And Far Away 遠い昔 (JT)
12.Beautiful ビューティフル(CK)
13.Shower The People 愛の恵みを(JT)
14.(You Make Me Feel Like) A Natural Woman ナチュラル・ウーマン(CK)

Interlude

15.Copperline コッパーライン(JT)
16.Crying In The Rain クライング・イン・ザ・レイン(JT/CK) 
(Original: 1962 The Everly Brothers)
17.Mexico あこがれのメキシコ(JT)
18.Sweet Baby Jamesスウィート・ベイビー・ジェイムス (JT)
19.Jazzman ジャズマン(CK)
20.Will You Love Me Tomorrow ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(CK)
21.Steamroller Blues スチームローラー (JT)
22.It's Too Late イッツ・トゥー・レイト(CK) 
23.Fire And Rain ファイアー・アンド・レイン(JT)
24.I Feel The Earth Moveアイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ (CK)
25.You've Got A Friend 君の友だち(JT/CK)

Encore

26.Up On The Roof アップ・オン・ザ・ルーフ(CK/JT)
27.How Sweet It Is (To Be Loved By You) 君の愛に包まれて (JT)
28.You Can Close Your Eyes(JT)
29.Locomotion ロコモーション (CK)
(Original:1962 リトル・エヴァ)

category: 音楽のはなし About Music

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 映像の強度。[Strength of image.]  | h o m e |  不協和音としての手持ち撮影。 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/269-ab7cf921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。