06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

南天と腕時計。 


2010.04.05(Mon)

妻が亡くなって十日あまりが過ぎた。昨年の12月の始めに癌の宣告を受けてから今年の3月末に亡くなるまでの間はあまりにも早かったが、同時に、かなり濃密な時間を過ごしていたからだろうか、正直に言えば、ホッとしている気持ちの方が喪失の悲しみを感じている部分より幾分上回っているような気がする。そんなわたしの様子を何処かから妻の魂が見ていて、何かを思っているのだろうか。魂なるものが存在するかどうか、わたしに判らない。だが、科学者だったら言下に否定してしまうような事柄でもそれをそのまま鵜呑みにするには些か味気ないように思うのである。
我が家のテラスに妻が大事に育てていた南天がある。毎年11月の末になると、僅かばかりだが真っ赤な小さい実をつけて、我々の眼を楽しませてくれたものだが、去年は折からの強風に煽られその枝葉の大半を失ってしまったので、その赤い実を見る事は出来なかった。普段なら多少の風にはびくともしなかったから残念に思ったのだが、取り分け、妻の落胆具合は些か大袈裟に思えた。今振り返れば、南天が妻の病変にいち早く感応したと思えなくもない。
妻が息を引き取ってからしばらくして、わたしが腕に嵌めていた自動式の腕時計が止まっている事に気が付いた。竜頭を廻してみたがシャラシャラと言う音がするだけでゼンマイが巻かれる気配はない。どうやらゼンマイが切れてしまったようなのだ。結構お気に入りの時計だっただけにショックであった。これなども偶然だと片付けてしまう事は簡単だが、センチメンタル過ぎようとも、きっと妻の死と何らかの関連があると考えた方が幾分救われる気がする。
死んだ者が何かの姿を借りて思い残した人に会いにくる、と言うような話をよく聞くが、人智を越えたところでそう言う事が起こりうると思っていた方が絶対に好い。そんな日がわたしにも来る事を今から心待ちにしていると言ったら気が早いと笑われるだろうか。

折に触れ、直接、或は電話やメールで励ましを頂いた方々にはどれだけ力付けられたか判らない。この場を借りて深く感謝を捧げたい。もう少し気分が落ち着いたら、Twitterに加えて、またブログを再開しようと考えている。Twitterよりはブログの方がいく分性に合っているようだ。

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(8) | 記事編集

go page top

« どんな花もやがては枯れるんだよ。  | h o m e |  『インビクタス/負けざる者たち』["Invictus"] »

コメント


大木さんの口から正式にこのことについて話があるまでは、なにも言うまいと心に決め、胸を痛めながらも、なにかの間違いであってほしいと願っていました。
その喪失と悲しみを察しようとすることすら、私にはそらおそろしいことであります。
ただ、どうか私たちは今日を一生懸命生きましょう。
道半ばに途絶えたとしても、それが真摯なものであれば、きっと誰かが憶ってつなげてくれるだろうことを信じるばかりです。
心からのご冥福をお祈り申し上げます。
【2010/04/05 22:41】
URL | きたはら #- *編集*

細やかなお気遣いありがとうございます。
暫くは嘆きとともにですけど、ちゃんと生きていきますよ。
本当にありがとう。
【2010/04/06 18:19】
URL | sumio #- *編集*

心からお悔やみ申しあげます。
私もこの4ヶ月の間に父と親友を失い
物思いにふける時間がどうしても多くなります。
ただ、どんな自分でいることが
父や彼女が喜ぶことなのかを考え
精一杯生きていこうと思っています。

スミオさんも心労が重なっていると思いますので
どうぞご自愛ください。
【2010/04/06 19:39】
URL | Y.YAMA #- *編集*

どうやら僕の周りでも哀しい出来事に接する割合が増えているように思います。
年齢的なものなのでしょうかね。
死は避けられないものですから、
なんとかその悲しみと折り合いをつけていかなければと思っています。
色々気遣って頂いて恐縮です。
Y.YAMA さんこそご自愛ください。
有り難うございます。
【2010/04/07 09:29】
URL | sumio #- *編集*

大木さん、
時計が止まったように、
突然放置されたブログを不審に思いながらも、
想像にあまりある不運なできごとを知って、
言葉を失う思いです。
心からお悔やみ申し上げます。
【2010/04/07 14:38】
URL | imamura #- *編集*

今村さん。
僕の腕時計同様、時が止まってしまったらいいのにと何度も思いましたが
無情にも、その時は訪れ、そしてあっと言う間に過ぎ去っていきました。
仕方ないですね。
温かい言葉をかけて頂き本当にありがとうございます。
たくさんの方々から声を掛けて頂きました。
人の言葉が今以上に心に沁みた事はありません。
【2010/04/07 17:53】
URL | sumio #- *編集*

お慰めようもありません。心からお悔やみを申し上げます。
でも、大木さんは奥様の分、二倍元気に作品を撮って下さい。
愛する人の死を無駄にしないためにも、より人間愛に満ちた作品が撮れますよう。
【2010/04/12 23:09】
URL | 蓮井幹生 #l4EZtc/. *編集*

蓮井さん、ありがとうございます。
妻の分まで生きるなんて事は到底出来ませんが
日々丁寧に生きられたか自問しています。
【2010/04/13 09:42】
URL | sumio #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/264-933209d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。