06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

科学的であるということ。[Scientific attitude.] 


2010.01.26(Tue)

現時点で科学的な論証がなされないというだけで、ある現象に対する仮説が迷信の類いであると言い切れるものなのだろうか。例えば地球温暖化の問題。この問題の原因は二酸化炭素にあると一般的に認知されたのはアル・ゴア氏の「不都合な真実」に寄るところが大きいが、その根拠はかなり曖昧である。データの取り方にしても恣意的であったりする。だからと言って二酸化炭素が温暖化の原因ではない言い切ることは出来ない。無論、そうでない場合もあるだろう。本当のことは未知のままである。だが複合的な要因のひとつとして二酸化炭素があると考えたらどうだろう。その方がすっきりする。世界はありとあらゆる関係性の上に築かれたものなのだ。我々に太陽の活動をどうこう出来るはずもないが、二酸化炭素の排出ならある程度はコントロール出来るはずだ。
科学とは極めて未熟なものである。科学的に説明がつかないことは即ちあり得ないことではなく、科学が未だその道筋を説明出来ないと考えても良いと思う。ロマンティスト過ぎると切り捨てることは簡単だが、そう考えなければ世の中の不思議や理不尽をやり過ごすことは出来ないではないか。

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 「聖クリントの秘跡。」@GQ JAPAN  | h o m e |  知るべきこと。[Ought to know.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/250-1d3b3d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。