10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

日記をするなり。[The blog being done. ] 


2010.01.11(Mon)

ブログを暫く更新していないでいるとそれはそれでいいかなという気になってくる。一度滞ってしまうと、あれほど頻繁に更新して来たことが何だったのだろうかと思えてくるものである。そもそも自分の為に始めた事であるから、気分が乗らなければ止めたところで一向に構わない。社会に対して何の義理もない。ブログは公共のメディアであるという観方もあるが私はそれに対しては些か懐疑的である。個人のちっぽけなサイトの発言などは国内だけで1690万もあるサイト(2008年総務省データ)からすれば何の力を持たない。ある程度は読んでくれる人を意識した内容にしているつもりだが、興味はあちこちに飛ぶし、具体的な事柄は意識的に避けていて抽象的な思索が多いので、私を何らかの形で知っている人でないと少しも面白くないだろう。今利用しているFC2ブログや以前のLivedoor Blogも日本国内向けサービスに留まっているので、英語を使って世界に発信したつもりになっていてもお笑い種という事になる。
Twitterにも手を出しているが、おそらく一万人以上のマスを相手にしない限り、その面白さは半減する。下手をすると孤独感を強めるだけである。規模はもう少し小さいがSNSでもそれは同じ事である。ネットが平等であるというのは幻想に過ぎない。余程(程々か)の才能と運を持って世間的に認知された者でないとその発言が影響力を持つ事はない。道具が変わってもその構造は変わらない。力を持つ者がさらなる力を持つのだ。
結局、人と人の繋がりを求めるのであれば、ネット上にはそれは存在しないという事を肝に銘じるべきだろう。精々が、ひとりの心にロウソクの明かり程度を灯す事くらいしか出来ないのだ。そしてそれはそれで好いと思う。これからも相変わらずだらだらと日記を綴っていく。一端の人間になったつもりでブログをしている。そして自分の発言がどれほどのものかも自覚しているつもりである。
もし人と繋がりを求めたいなら話したい人に電話の一本でもかけた方が余程好い。

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 『アバター』新しい映画の形。["Abatar" The shape of movies to come.]  | h o m e |  メメントモリ。[Memento mori.] »

コメント


今日、久しぶり(30年!)に鈴木清順監督の「けんかえれじい」を観ました。カメラワークがストレートでライティングは生ですが、リアルでないのに妙に美しい。良かったです。
【2010/01/16 23:27】
URL | m.hasui #- *編集*

僕も大好きな作品です。
『けんかえれじい』に限らず、あの頃までの映画は人の目線で語っていたように思います。
50mm一本で勝負するような。

暫くブログを更新していないのにコメントを残して頂いて有り難うございます。
完全に止めた訳ではないのでたまに覗きに来て下さい。
【2010/01/19 09:05】
URL | sumio #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/246-9336d764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking