06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

R.ディーキンス氏のインタビュー、その2。[Interview with R. Deakins,2.] 


2008.08.31(Sun)

A.C.: Jesse James opens with a train robbery that takes place in a wooded area that seems to be lit almost entirely by a light on the front of the train and lanterns held by the characters. How did you approach that sequence?
『ジェシー・ジェイムスの暗殺』は樹の茂みに身を潜める列車強盗の一団、列車の前部のライトと主人公が持つランタンでほぼ完全に照明されているように思える、から始まります。あなたはどのようにそのシークエンスにアプローチしましたか?

Deakins: We shot that in Edmonton in this preserved town where they had a little loop railway and a small train. Andrew actually wanted to ship in a much bigger train, but the cost was prohibitive. We kept trying to reassure him that we could do things photographically that would give the train more of a presence. Andrew kept calling it ‘Thomas the Tank Engine,’ and when you saw it in broad daylight, it did look pretty puny! Now, though, he thinks it looks great.
ディーキンス: 私たちはエドモントンという、巡回鉄道と小さな列車のある、歴史保存されている町で、それを撮りました。アンドリューは実際、もっと大きい列車を運び込みがっていましたが、費用が嵩みました。 私たちは彼を納得させるために私たちが映像的に出来ること、一層の存在感を列車に与える試みを続けました。アンドリューはそれを“きかんしゃトーマス”と呼び続けました。あなたが日中広々としたところでそれを見れば、それはかなりちっぽけに見えます!けれども、今では、彼はそれが大きく見えると考えています。
When you’re dealing with that kind of period situation, the first thing you think of is the technical challenge of lighting everything. The train robbery had to look as if it were really lit just with lanterns. Of course, if you look closely at the shots, they’re totally unrealistic because there’s much too much light!
その種の状況に対処している間、最初に考えるのはライティング全般に関する技術的難関です。列車強盗は本当にまさしくランタンで照らされているように見えるべきです。もちろん、詳細にショットを見れば、あまりに多くの光があるので、それらはまったく非現実的です!
Nevertheless, our approach worked pretty well. Andrew kept pushing for darkness, and, of course, if you haven’t worked with a director before, you wonder what he means by ‘dark.’ In this wooded area where the James gang was waiting to ambush the train, I’d positioned some lights on Condors to rake through the trees so you’d get some sense of the trees before the train came. But about an hour before we started shooting, I decided to turn them off, and instead we just pumped some atmosphere into the area.
それにもかかわらず、私たちのアプローチはかなりよい効果をもたらしました。アンドリューは闇を要求し続けました。もちろん、以前に監督と共に働いたことがないなら、あなたは彼が意味する“暗闇”とは何だろかと思いますよね。ジェームス一味が列車を待ち伏せしているこの森の中で、私はいくつかのライトを木々の隙間から?? Condors to rake に配置しました。そうして、列車が来る前に、鬱蒼とした雰囲気が分るようにしました。しかし、私たちが撮影開始するおよそ1時間前に私は、それらをオフにすると決めました、そして、代わりに、私たちは辺りにいくらかのスモークをポンプで送りました。
Luckily there wasn’t much of a wind, so we could maintain a low level of smoke hanging in the air and just let the light on the front of the train provide the general ambience. We shot the arrival of the train without any rehearsal, but it worked out just great. The only light in the whole scene is coming from either the train or the lanterns the outlaws are holding. The lanterns were dummied with 300- or 500-watt bulbs. Sometimes I’d keep the flame and put the bulbs behind the flame, dimmed way down. We positioned little pieces of foil between the bulb and the flame so all the camera would see was the little flame. At other times during the robbery, we just had bulbs in the lanterns ― two bulbs side by side, dimmed down and sometimes flickering very gently. To augment the lanterns for close-up shots, I occasionally used a warmed-up Tweenie bounced off a gold stippled reflector.
風が大してなかったので、運よく私たちは、空気中に漂う微かな量のスモークを保つことができ、列車の前部の光に大まかな雰囲気を与えることができました。私たちは何のリハーサルもなしに列車の到着を撮影しましたが、それは正にすばらしい結果を得る事が出来ました。全ての場面における唯一の光源は列車か無法者が持っているランタンのどちらかから来ています。ランタンは300か500ワットの電球が仕込まれました。 私は、時々、炎を使って(電球をその後ろに置き、)誤摩化しました。私たちは電球と炎との間に小さいホイルを置いていたので、どのカメラからも見えるのは小さい炎だけでした。 強盗の間の他の時に、私たちはランタンに入れた電球だけを使いました―2つの電球を並べて誤摩化し時々そっと揺らめかせました。クローズアップ撮影のためのランタンを増大させるために、私は時折、暖かくした(色温度を下げた)Tweenie(650Wのライト)を金レフでバウンズさせて使用しました。
The light on the front of the train stretched credibility, really. They did have lights on the front of trains back then, but they wouldn’t have been as strong as the 5K Par we used! We also had some gag lights underneath the train ― little bare bulbs dimmed down ― to light the steam and create the effect of this fiery red glow beneath the train. We had a special-effects rig on the train that would create sparks as it started braking. There’s one shot where the train is coming toward you and seems to hit the camera and carry it down the tracks; on the tracks, we set up a camera-platform rig with a big, soft buffer, and the train actually hit the platform and started pushing it along. In that particular shot, you can really see the warm glow of the bulbs underneath the engine. We also positioned a little silver reflector that caught some of the bounce from the 5K on the train, just to create some reflected light that would reveal the front of the train ― otherwise, there was nothing else to illuminate it. We had a steam generator on the train so that when it stopped, we got this big cloud of steam that Jesse disappears into.
列車の前部の光は本当に実際にあるものを誇張しました。当時、列車は前部にライトを持っていましたが、それらは私たちが使用する5K パーライトほど強くはありません! また、私たちは列車の下に何灯かのギャグライト―弱くした小さいむき出しの電球―を仕込んで、蒸気にライトを当て、この炎のような赤い輝きの効果を創り出しました。 私たちは列車に、ブレーキをかけ始めるとスパークを引き起こす特殊効果装置を取り付けました。列車が向かって来て、カメラに当たり、レールからそれを動かすようにみえるひとつのショットがあります。私たちはレールの上に、大きくて、柔らかい緩衝材で出来たカメラ用プラットホームをセットアップしました。実際に列車が、プラットホームに当って、ずっとそれを押し始めました。実際、その変ったショットで、エンジンの下の電球の暖かい光を見ることができます。また、私たちは小さい銀レフを置き、列車の上の5Kライトからの光を反射させ、列車の前部を明るくする反射光を創りました―そうする以外、それを照らすものがなかったからです。 列車にボイラーを用意していてそれが止まったとき、私たちはこの大きくもうもうと上がる蒸気を出して、ジェシーの姿を見えなくしました。
The rest of the sequence, including the interior scenes, was basically lit with dummied lanterns with bare bulbs inside. Inside the train, all the oil lamps had little tin hats on top of them; inside those were pieces of silver foil and a ring of five 300-watt bulbs dimmed down with flicker generators. Those read really well onscreen, but if you looked closely at the actual lamp it wouldn’t make sense, because the light was coming from the tin hat and not from the lamp itself. I chose those in collaboration with the art department because I knew Andrew wanted to do a constant move through the train with Frank James [played by Sam Shepard].
列車内の場面を含む残りのシークエンスは、基本的に、むき出しの電球を仕込んだダミーのランタンで照明されました。列車内では、すべての石油ランプの上に小さいブリキの傘がありました。内側は、アルミ箔とフリッカージェネレータで弱くした5つの300ワットの電球を並べた輪っかです。画面ではそれらはリアルに見えますが、よく見れば、実際のランプには意味がなく、光はランプ自体からではなく傘から来ていると分るでしょう。わたしは アンドリューが(サム・シェパード演じる)フランク・ジェームスと一緒に列車内を絶え間なく移動したがっているのを知っていたので、美術部との共同作業でそうすることを選びました。
The only time we used conventional film lights in that sequence was when we were running with the outlaws down the hill toward the train. The robbers are supposed to look as if they’re being lit by the light at the front of the train, and I think we used a 10K bounced off a white card to create that sort of effect amid the steam. When we finally show the train carriage, you can see the passengers amid this golden light coming through the windows. That light was provided by 175-watt mushroom bulbs mounted on 10-foot strips positioned all the way down the interior ceiling of the train carriage. We could rely on our dummy lanterns when we were inside the train, but when we shot that exterior we had to really project the light out into the atmosphere.
私たちがそのシークエンスの中で従来のフィルムライトを使用した唯一の場面は、カメラが無法者と共に丘を下って列車に向かって走っていくシーンです。強盗団はあたかも彼らが列車の前部の光に照らされているように見えるべきです。そこで、私は10Kライトを反射させたホワイトボードを使って、蒸気の中にその種の効果を創り出そうと考えます。遂に客車を見せる時には、列車の窓を通して乗客がこの金色の光の中にいるのが見えます。客車内の天井の下側いっぱいに吊るされた10フィートの片に取り付けられた175ワットのマッシュルーム型電球からその光を供給しました。列車の中にいる時には、ダミーのランタンを当てにすることができましたが、その外側を撮影するとなると私たちは実際に外の周囲に光を照らし出さなければなりませんでした。
That shot of the passengers was inspired by one of Andrew’s photographic references, and I think it’s one of the most successful shots in the film. When we were doing it, though, it filled me with dread, because I was concerned that the light would just burn out the passengers and it would end up looking silly.
乗客のショットはアンドリューの参考写真の一枚から霊感を与えられました。そして、私はそれが映画の中で最もうまくいっているショットのひとつであると考えます。それをしている間、私は光がただ乗客を焼き尽くす事(露出オーバー?)を心配していたので、恐ろしかったのですが、それは結局馬鹿げた事でした。
(つづく)

category: R・ディーキンス Roger Deakins

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« R.ディーキンス氏のインタビュー、その3。[Interview with R. Deakins,3.]  | h o m e |  ロジャー・ディーキンス氏のインタビュー。[Interview with Roger Deakins.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/241-bc599930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。