10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

キャメラマンの覚え書き/動き。[To move the camera.] 


2009.12.14(Mon)

カメラを動かす為には明確な動機付けと切っ掛けが必要である。カメラは人の目に例えられる。何かを見る時、我々はそれが何であるのかと目をこらす。つまり何らかの情報を得ようとするのである。それでも情報が足らない時には近寄ったり回り込んだりする。カメラを動かす動機もまさにそれである。迫力や臨場感を出す為の動きも、それによって情報が豊かになるという意味では同じことであろう。それ以外に考えられるものとして、フレームに納めた構図を壊さないためにする移動があるがそれは些か特殊な例である。
動き始めるタイミングは台詞であったり、被写体の動きであったりと色々ある。だがカメラが唐突に動き出した印象を観る者に与えてはならない。また、動いているカメラを止めることもカメラを動かすことと同じである。
A specific motivation and the chance are necessary to move the camera. The camera is compared to the human eyes. When we watch something, we try to peer into what they are. In other words, we try to get some of information. If it is not enough, we try to get closer or to go around. The motivation of camera moving is just as it. The moving to make the strength or to make the feeling of being might be same in the meaning to make information being rich. Besides assuming that thought, the moving to not break the composition in the frame might be particular example somewhat.
The timing of start the camera move are dialog or a moving of subject, or somewhat. However, do not give to audience the impression the camera began to move abruptly. And, it's the same to stop the moving camera also as to move the camera.

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 「同じ絵柄の皿ふたつ」[A magic phrase.]  | h o m e |  『坂の上の雲』 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/227-967f4c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking