06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

三脚を立てる。[To sets up a tripod.] 


2008.07.23(Wed)

我々は通常、カメラを三脚の上に乗せて使う。これも我々の使う道具の中で美しい物のひとつだ。何故足が三本かと言えば、それが最も脚の数が少なくてしかも最も安定するからだ。あらゆる方向からの力に耐えるに必要にして充分、縁の下の力持ちである。しかし適当に立てられた三脚ほど不安定なものはない。近頃は手持ちなどのPOV撮影が大流行りだが、映像の基本はあくまでフィックス画(或いは安定した画)だと思っている。従って三脚を立てることも基本中の基本である。親爺カメラマンの繰り言を言わせてもらえば、最近の助手さんは三脚を正しく立てられない。石突きが正三角形になるように、しかもカメラマンの立つ位置を考えて脚が邪魔にならないようにセットしなければならない。単なる精神論で言うわけではなく、三脚を正しく立てるというのはあらゆることに気配りが出来るようになる為の第一歩と考えてみたら良い。何処に置くかは無論のこと、カメラマンに対する気配り然り、それよりなにより正三角形にきっちりと置かれた三脚(とその上に置かれたカメラが作るフォルム)を美しいと思わないか?
No matter what is, don't you think the tripod(and form which camera putting on it makes) standing just on the equilateral triangle is beautiful?

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 観察することから始まる。[It begins from watching.]  | h o m e |  隅々まで。[every nook and corner.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/213-2b37b92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。