08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

"アケイディアの流木"["Acadian driftwood"] 


2009.12.10(Thu)

ここしばらく頭から離れない曲がある。The Bandの“アケイディアの流木”という、18世紀中盤に今のカナダ南部地方で起きた植民地戦争(=フレンチ・インディアン戦争)を題材にした楽曲である。1975年に発表された『南十字星』というアルバムに収録されている。メンバーの不仲で実質的にはロビー・ロバートソンのワンマンアルバムだが、皮肉な事に、粒ぞろいの傑作でもある。切なさが基調となった本作はThe Band名義のアルバム全9作(再結成を含めると+3)の中でも2番目のお気に入り。ご存知のようにThe Bandはドラムスのレヴォン・ヘルム以外のメンバーはカナダ人である。北から南へと音楽のルーツを辿っていった彼らの旅が終わりに近づき、自分たちのルーツを再確認するような曲が揃う。アルバムの原題にはSouthern Cross の上にNorthern Lights(=オーロラ)が冠せられている。

 アケイディアの流木
 ジプシーの追い風
 奴らは俺の故郷を雪の国と呼ぶ
 カナダの寒冷前線がやってくる
 何という厳しい道のりか

厳しい冬の寒さと過酷な歴史に曝されながら、それらに立ち向って来た彼らの誇りが見事に伝わってくる。心に染み渡る名曲だと思う。

Acadian driftwood
Gypsy tail wind
They call my home the land of snow
Canadian cold front movin' in
What a way to ride Oh, what a way to go

It convey their pride faced against harsh cold of winter and cruelness of the history clearly. I think this is a moving masterpiece.

category: 音楽のはなし About Music

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 『坂の上の雲』  | h o m e |  涙もろい。[Sentimental.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/211-d0ce1bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。