10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

心の準備。[Preparation of the mind.] 


2009.12.07(Mon)

人間という者はつくづく自分の都合が良いように思い込むらしい。例えば先日ロシアのナイトクラブで起きた火災。その映像を見ているとカメラマンも含めて多くの人たちは、決定的なことが起るまでは、決して火事などに自分が遭遇するなどとは露程も思っていないのがよく分かる。誰でも自分の身には災いの類いは決して起きないと信じていて、勿論そうしなければとてもこんな世の中を生きていけないのだけれど、そうなってしまってからはじめて慌てふためいたりする。
今自分自身あるいは周りにそのようなことが起ったとして、自分はどう振る舞うのだろうと考えてみる。そのこと自体をない事としてしまったり(逃避)右往左往したり(思考停止)きっとまともに振る舞えないだろう。半世紀以上生きて来たって肝心な事は何一つ身に付けてこなかったのではないか。「如何なる場合にも平気で生きていること」(by正岡子規)が出来るようになりたいと思う。いつかそのような場面に遭遇した時じたばたしないでいられるように、心の準備だけはしておかなければならない。
Human being seems tend to think good situation for him/herself. For instance, the fire accident has happened at nightclub of Russia the other day. Seeing the image of that, it'll find well all most people including the cameraman never thought that he/she would encounter such a accident like a fire at all, until an absolute situation occurs. Everyone is believing that the accident or something will not happen on oneself, of course we can not live if we do not do so at this crazy world, and they should get into a flap as it comes.
I wonder how I behave when something like this happened to myself or around me now. I might be not able to behave right way, sometimes to put away as it not be (escape), sometimes to move about confusion(stop thinking). I have learned nothing the essential during lived over half century. I hope become to be able " To living calm in any case of " I must prepare the mind as not to struggle when I encounter such a situation someday.

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 忘れられない日。[The day cannot be forgotten.]  | h o m e |  豪徳寺の招き猫。["Maneki-neko" of Goutoku(ji) temple.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/207-083f2b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking