06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

お引っ越し。[Moving.] 


2009.02.23(Mon)

内装工事(?)もほぼ終わり、ようやくブログも安心して再開出来そうである。
もう暫く衣替えが続くがお赦し願いたい。

バナーの画像は御存知『真夜中のカウボーイ』から頂いた。
私の好きな映画の一つ。
ほぼラストシーン、ニューヨークからD・ホフマンとJ・ボイトが長距離バスでマイアミに着いたところだが、ホフマン演じるラッツォはガラス越しにしかマイアミを見ることが出来なかった。

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« 核~北原さんからのメール。[Core~Mail from Mr.Kitahara.]  | h o m e |  カメラの高さ。[Hight of the camera.] »

コメント


つつがなくお引越しおめでとうございます。
『真夜中のカウボーイ』は中学だったか高校の初めだかに見ましたねえ
僕らの世代はオールドウェイブ(?)とニューウェイブのはざ間に位置していましたね。
先輩たちの踊る狂乱のカウンターカルチャーに憧れながら
「よっしゃ行くぞ、卒業まで待っててね!」の意気込みの中、この映画見た時「祭りの終焉」ムードに支配されてて
「あれ?もう終わっちゃうの?」って鑑賞後の満足感と共に秋風が吹いているような感じにとらわれた記憶がありますね。

トゥースシールマンそのうちやりたいですねえ
【2009/02/24 19:20】
URL | jun #- *編集*

引っ越し、何とか終了です。
取り敢えず、精神衛生上はすっきりです。

世代的にはイケイケの進軍ラッパよりは
こうした黄昏感に郷愁を感じるのかもしれませんね。

ニルソンやシールマンス以外にも
音楽は結構良かった気がします。
考えてみればジョン・バリーだもんね。
【2009/02/25 02:17】
URL | sumio #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/2-594a23d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。