08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

屋根の上の猫。{A cat on the rooftop.] 


2009.11.08(Sun)

数日前から隣家の屋根の上に一匹の猫がいる。朝ランの帰り、ミャアミャアという声を耳にして屋根を見上げると白と黒のやせた子猫(中猫?)がこちらをさかんに呼んでいた。野良が人の姿を見かけては自分の居場所を知らせるような様は尋常ではない。どうやら屋根に登ったはいいが、降りられなくなってしまったらしい。
2日前には消防署がやって来てその猫を救出しようと試みたが見事に失敗したそうだ。屋根上の猫はまだ弱っている様子もなく道行く人を呼び止めているが、この先は寒くなる一方である。猫の行く末が気にかかる。さりとて餌を投げてやるわけにもいかず、人様の家の屋根に勝手によじ登るわけにもいかない。よじ登ったところでどうなるものでもなかろう。つまり私にはどうする事も出来ないのである。今出来る事はただ一つ、無事を祈ること。可哀想ではあるが成り行きに任せるしかない。
同じような、否、それ以上の悲惨は社会や世界のあらゆる場所で起っている。それらに対しては我々は更に無力である。だが、見も知らぬ人たちの遠い出来事よりも隣家の屋根の上の猫の方が余程気にかかる。その薄情もまた人の常なのではあるまいか。

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 20年前の出来事。 [Happenings 20 years ago.]  | h o m e |  死ぬまでにしたいこと。[Wishing list.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/189-f7f20451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。