10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

『俺たちの荒野』 


2009.10.30(Fri)

俺たちの荒野

以前、当ブログで「余程の事でない限り一度読んだ本は読み返さないし、映画も見直す事はない。」と書いたが、私の場合、この映画に関しては“余程のこと”なのである。久しぶりにこの題名をシネマヴェーラ渋谷という名画座のプログラムに発見して、矢も楯もたまらずに駆けつけた次第。何しろ酒井和歌子は私のヰタ-セクスアリスである。だがそれだけではない。中産階級のたわいもない恋愛模様を題材にしていた東宝青春映画作品群の中にあって、この作品は当時としてはかなりの異色作であった。ベトナム戦争が世相に暗い影を落としていた時代である。横田基地周辺を舞台に底辺で生きる三人の若者の夢と挫折が描かれる。
『明日に向って撃て!』でP・ニューマン、R・レッドフォードとC・ロスが自転車で戯れるシーンが印象的だったが、こちらにも黒沢年男、東山敬司と酒井和歌子がピクニックに行って三人が戯れるシーンがあって、同じ年に作られた日米の映画が同じような表現に行き着いたことが興味深い。
小学6年生で、天王町(相鉄線)にあったライオン座と言う二番館で観て以来であるが、筋立ては勿論のこと構図や光まで覚えていた。それだけ鮮烈だったと言うことだろう。監督は出目昌伸 、撮影はなんとあの中井朝一である。ラストの空撮が切ない。
名画座に訪れたのも何年ぶりのことだろう?内藤洋子の『年ごろ』(こちらは初見)との二本立てであった。

category: 映画のはなし About Movies

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« エピック。[Epic New DSLR.]  | h o m e |  お知らせ。[Information.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/182-f2c0d9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking