08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

システム~北原さんへ。[System~Mail to Mr.Kitahara.] 


2009.02.25(Wed)

もの創りは「何を、どうやって」が両輪になると思いますが、現在の支配的な状況では、そのうちの「何を」が疎かにされていると思います。「どうやって」の部分はそれまで専門家に委ねられていた項目ですが、昨今の技術革新は乗り越えるべき壁を低いものにしました。何度も言っていますが、それはそれで一長一短です。ものを創る過程においては技術革新と伝統継承はどちらも重要です。技術の革新よって技術者に委ねられていた部分にクリエイティブ側の人間が手を出すことが可能になったのならそれはそれでありでしょう。しかしながら、殊、映像制作においては、クリエイティブとテクニカルは分けた方が良いと思っています。何故ならその規模はひとりで担うには大き過ぎるからです。さらに、ひとりでひっそりやるよりは大勢との様々な軋轢があった方がより良いものが出来る。私はそう思っています。
問題と言えないまでも「何を」を担うべき人たちの関心が「どうやって」に移っていることは決して良いことではないと思うのです。映像制作現場はその規模からして上意下逹のピラミッド組織でなければそれを動かすことは難しい。だから旗を振る人はひとりで良いし、その人にブレが無ければスタッフはきちんとした仕事をするはずです。何だか何処ぞの国の政治みたいなはなしですが、結局はその国の上部構造はそのままあらゆる下部構造のひな形になっていると言えます。話がそれましたが、何故、「何を」から「どうやって」にウエイトが移行しているかと言えば、「何を」がひとりに任されていないからです。CM現場に拘らず、何処においてもそうだと思いますが、クリエイティブがクリエイティブとして機能出来ないシステムが組まれている。例えば、映画では制作委員会方式が盛んですが、それは夫々の利害関係だけで繋がっています。そこが財布を握っているから自分たちの都合に合わせてクリエイティブに口出しする。結局出来上がるものは骨抜きになってしまう。しかも責任の所在はうやむやです。代理店主導のCM制作も同じように思えます。北原さんが言う「核=中心」が無い状況です。
「何を」を担うべき人がその場所を追われれば、ものを創る者の性として「どうやって」に関心を向けざるを得ない。技術部の質的低下も、元を正せば、責任を持たせないシステムにある。責任を追わされないならわざわざ勉強などかったるいことはやりません。その結果、益々責任の所在がはっきりしないシステムが強化されていく。どこの誰が責任を取らない人間をリスペクトするのでしょう?かくしてお互いが疑心暗鬼です。良いクリエイティブとはお互いを尊敬し合えることからしか始まらないと思います。今は大雑把に言えば、便利で効率が良いと思われ、強化されてきたシステムがクリエイティブを阻害しているのだと言えます。「成熟した個人」に成るべく道が閉ざされていてはその先のことは推して知るべしでしょう。
それを打破するには心ある人間が地道にそれに異を唱えていくか、自分たちで新たなシステムを始めるしかない。が、前者の方法はやはりなかなか難しい。根気もいるし、下手をすると孤立します。今私が考えているのは、自分たちで新しいシステムを始めてみるということです。その為に技術革新を積極的に利用する。ネットで発言し続けているのも、新しいカメラを買ったのもその為です。

category: 【オープンルーム】Bulletin Board

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 『チェンジリング』["Changeling"]  | h o m e |  核~北原さんからのメール。[Core~Mail from Mr.Kitahara.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/15-69b1597b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。