10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

「空港X線カブリの被害報告」["The report of X-ray damage of film at airport"] 


2009.09.14(Mon)

フィルムのX線かぶりの報告がJSCから回覧されてきました。
空港のX線検査が強化されてから既に8年ほど経ちます。ここらでもう一度、フィルムを取り扱う人の注意を促す事は大切な事であると考えましたので、佐々木原保志撮影監督からの報告をそのまま載せておきます。

「新作映画用・第1次ロケハン兼実景撮影に2009年8/9(日)?8/12(水)、羽田空港と釧路空港のJAL往復便を利用した。この時点で念の為にと機内手持ち映画用フィルムのX線安全確認を空港係官に電話で問い合わせて「感度1600でも何の問題も起こったことは無いので心配無用」との返事を得た。使用フィルムはフジフィルムの35mmカラーネガ250D(400Ft×3本)と64D(400Ft×2本)。結果は何も起こらずラッシュも無事終了した。問題(X線カブリ)は9/1(火)?9/5(土)の第2次ロケハンと同時に編成した実景別班に起こった。前回同様の手順で羽田を利用、釧路に帯同し撮影して貰った。今回のフィルムタイプはフジの500T(400Ft×3本)と64D(400Ft×2本)。途中、量が不足したので宅急便にて報映産業より500T(400Ft×3本)を送って貰い、内2本を使用した。結果、この2本にはX線カブリは起こらず無事だった。撮影済みネガ7本(他、1本は未撮影)は全て機内手持ちで帰京しイマジカに入れ(土)、翌々日の7日(月曜日)のラッシュ時に発覚した。程度は甚大で500Tに限らず低感度の64Dも同様にカブリ、殆ど使用不能だった。国内ではこうした事は聞いたことも無く、空港係官の説明に油断した当方の不明も有り、泣き寝入りかと思います。抗議してもテロ防止の為の大義名分があちらには有り、機密保持の意味でX線量加減の申し入れや数値指定などと言ってもとり合ってくれそうに有りません。実景撮影で被害最小に済んだが、空港のX線チェックは実に危険なレベルに有ると分かりました。(2000/9/11)」

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(6) | 記事編集

go page top

«  一回性という事。[One-off experience.]  | h o m e |  再び、ノンフィクションからフィクションへ。[From nonfiction to the fiction again. ] »

コメント


こわいなあ。
【2009/09/15 18:09】
URL | isoya #7d0klI8U *編集*

こわいです。

ところで、こんなところで油売っていいのか?
そうか、いいのか。
【2009/09/15 19:00】
URL | sumio #- *編集*

初めまして。オーストラリアで助手をしています。
こちらでは基本的に未撮、撮済みのネガはFrieght(宅急便)で別送します。スケジュール的にそれが不可能な場合は未撮はチェックインバゲッジで、撮済みは機内持ち込みにするのですが、X線は通さずに済むよう係官にその旨を説明、もし納得されない場合はチェンジバッグ越しに触れさせてのチェックをさせるのが常識です。チェックインで入れた未撮ネガはラボでのディップテストをして安全確認後に使用するようにしています。
こちらはシドニー、クィーンズランド、ビクトリアの3州にしかラボがないのでそれ以外の州で撮影する場合はこうしています。
【2009/09/16 19:26】
URL | Kei #4441NXYk *編集*

Keiさん、初めまして。
日本でも普通はKeiさんのおっしゃる方法をとるのですが、最近はチェンジバックでの検査を面倒くさがってやってくれない事があるようです。何しろテロ対策という錦の御旗を掲げているので、マニュアル人間の多い日本だと融通を利かせてくれる係官などほとんどいません。撮影部にしたところで撮済みに対する責任感が薄れているような気がします。
私が助手の頃はX線に通すなどという事は絶対にさせませんでした。これはもう助手と係官の気迫の勝負みたいなものでしたが・・・。
【2009/09/17 07:52】
URL | sumio #- *編集*

お久しぶりです。

X線かぶりのトピック、拝見させて頂きました。
空港係員の言う感度1600でも大丈夫ということで
機械を通したということなんでしょうか?

僕も今年の8月3日から5日まで釧路に撮影で行ってました。
事前に空港サイドにフィルムを持ち込むことを言い、
すべてオープンチェックで開缶せずに往復できました。

セカンド時代に学んだとおり、開缶ようのダミー(お化け)フィルムと
万が一開ける必要が有った場合のためダブルハンドチェンジテントを
用意しました。

結果、なんの問題もありませんでした、勿論。

セカンド時代、千葉チーフの下で安全確認ができているからと
いうことでカーゴ便にフィルムも預けたことがありました。

自分がチーフになってからも数回、制作部とともに
カーゴ便の安全を確認してのせたことがありますが
フィルムの事故は取り返しがつかないですから
やはり手運び、オープンチェックが基本なんですね。

REDは好調でしょうか?

PV撮影で時々使いますが4Kのデータでボケていた背景も
小さいサイズで完パケしようとすると
ピントがあってきてなかなかカメラモニターのようには
仕上がらないことがありますね。

SDで完パケする作品で使う場合はポスプロで工夫が
必要ですね。

編集、カラコレも大きく分けて2つのマシーンがメインに
なっているようですが僕はいつもフィルムマスターの方を
選択しています。(チーフとして助言ということですが)

パブロはなかなか問題が多いです。

では。
【2009/09/17 11:46】
URL | 近藤ナオユキ #- *編集*

近藤ナオユキさん。
こちらこそご無沙汰です。

記事を読む限り、別班は基本の対策をしなかったという事でしょうかね。

RED、今日これから、ダ・ヴィンチ・レゾルヴでの初カラコレをします。
結果はまたブログにでもアップします。
【2009/09/17 13:44】
URL | sumio #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/144-8a861b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking