08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

8年前の出来事。[The disaster eight year ago.] 


2009.09.11(Fri)

8年前のこの日を境として世界の有り様は変わった。取りも直さず、あの時アメリカは心底怯えたのでなかったか。臆病な犬が吠え立てるようにブッシュが引き続き政権を担い、アメリカ国民がブッシュの強権路線は世界にとっては何の効力も無いと見切りをつけるまで7年の歳月を要した。
われわれ日本人は1995年には既に世界の歯車がずれたことを実感したはずである。だからこそ、その6年後小泉純一郎に政権を託したのではなかったか?その後およそ5年半は小泉政権が続いた訳で、そう考えると、オバマ政権もおそらく長い期間政権を担当する事に成るのだろう。
いずれにせよ、世界の変化に対して実際に世間が動き出すまでには長い時間が必要なのである。世界は刻々と変化していくが、取り分け今という時代は誰も経験した事の無い大きな変革期に違いない。これまでとは些か訳が違う。世間の流れに身を任せていてあまり好いことは無いようだ。今、自分に言い聞かせることがあるとしたら、前衛である事を恐れるなということなのだと思う。何時自分のいる場所にも飛行機が突っ込んでくるかわからないと考えたら、悔いを残したくはないではないか。今現在も幾多の地域でテロは起っている。8年前の出来事がそれらと違うとすれば、私にとって、9・11とはそのような意味を持つからである。あらためて犠牲者のご冥福を祈りたい。

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 『グッド・バッド・ウィアード』["The Good the Bad, the Weird"]  | h o m e |  最早、躊躇出来ないだろう?[Will not you be able to hesitate any longer?] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/140-42a993db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。