10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

我々が失ってきたもの。[What we lost.] 


2009.08.12(Wed)

先の記事に関して沢山の、しかも各々が真摯で、それ故に長文のコメントを寄せてくれました。自分のブログながら、とても有意義な議論が展開されていてワクワクさせられます。多謝。

この議論の中で、夫々の立場を超えて我々が共有しているのは、現在の撮影現場を取り巻く状況に対する相当の危機感です。知らず知らずに流されて来た先に広がっていたのは緑豊かな森ではなく荒涼とした砂漠だった。今はそんな状況かも知れません。100年を越えて今、映像の世界は大きな転換点に立っています。本当に問題なのはデジタルかアナログかという二者択一にあるのではありません。
一応私の専門分野なので撮影機材に限って論を進めると、自分がアシスタントをしている頃から比べると撮影機材の拡充ぶりには眼を見張るものがあります。撮影現場には大量の機材が運ばれてきます。随分便利になったと思わない訳ではありませんが、新たな機材を覚えるだけで一苦労です。有り体にいえば、便利な道具は人に考えることを止めさせてしまいます。少なくとも私はそう思っています。
例えばビデオアシストです。(私は未だにビデオアシスと廃止論者です、笑)ビデオアシストはファインダーをわざわざ覗かなくともキャメラマンが切ったフレームを見ることの出来る便利な道具です。それがなかった頃は、スタッフがフレームを知ろうとすれば、ファインダーを覗かせてもらうかレンズのミリ数から見当を付けるしかありませんでした。ビデオアシストの登場はその煩わしさからスタッフを解放しました。ところが皮肉なことにそれ以降スタッフはフレームに頓着することが無くなりました。当たり前のことですが、フレームが分からなければ仕事をスムーズに進めることは出来ません。極端な話、撮影助手の中にさえレンズのミリ数から画角の見当をつけられない者がいます。一方で演出家はビデオ画面に張り付いたまま演技の指示を出しています。キャメラマンからは被写体に対する集中力と責任感を奪いました。スタッフ全員が撮影したばかりのものをビデオで繰り返し観ることが出来るのですから、キャメラマンが撮影時に全神経を集中しなくとも良し悪しは後から判断出来るからです。しかも立場上は上位の方々の合議ですから・・・どうなるかは推して知るべしでしょう。
フォーカス送りなどもそうです。今は難しい送りになるとビデオ画面を見ながらフォーカスを送ります。ですから厳密なところはボケていても判りません。デジタルメーターがありますからメジャーを引っ張って行く必要もなくなりかけています。被写体までメジャーで測りに行くということはそこまでの距離を身体に覚え込ませるということです。それを繰り返すことで距離に対する勘を身につけて行くのです。この先オートフォーカスが出回るようになれば、どうなることやら・・・。
これらはほんの一例です。いちいちそれを挙げて行ったらキリがありません。撮影部だけでなく他の部署でも多かれ少なかれ同じようなことが起きています。利便性と引き換えに捨て去ってきたものの中に、実は、とても大事なものまで含めてしまったのではないかと思うのです。
かなり抽象的な議論をしなければならないでしょうが、そこから始めなければ何ともならない気もしています。m.hasuiさんのおっしゃる「映像を撮るものとしての立ち位置」や木下さんが指摘したような「見るという行為、想像するという行為を省略する事によって失ってゆく物があるということ」を真剣に議論して行かなければならないと思います。

当ブログは開かれたブログです。名前さえ名乗って頂ければほかに制限は一切ありません。映像にまつわることを真剣に考えている人なら誰でも投稿自由です。メールで頂ければ記事として載せますし、コメントでも構いません。

category: 【オープンルーム】Bulletin Board

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 選ばない。[Not choose.]  | h o m e |  デジタル、それともアナログ。[Digital or analogue?] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/119-53cab49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking