06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

たまにはアホな話でも。 


2009.07.13(Mon)

選挙の度に思うのは、自分の一票がどれだけ選挙結果に反映されるのだろうかという事である。今回の都議選でわたしの選挙区の場合は、定数6に対して立候補者は11人いた。余程の事が無い限り、自民公明の政権与党は議席を獲得すると思っていたが案の定、今回選ばれたのは自民2公明1に対して民主2諸派1。何ともバランスのとれた面白味のない結果となった。
全体的に見れば民主党の圧勝で終わった都議選だったが、それは民主党が政党として優れているからではなく自民党の政治手法が余りに酷かったからである事は言うまでもない。さすがにこのまま自民党が与党でいるのはまずいという都民(国民)の意識が投票に反映された訳だが、言うなれば投票率が上がって相対的に自民党にNOという有権者の割合が増えただけの事である。今まで自民党に対抗できると思える政党が無かっただけとも言える。
いずれにせよ、こうなる前に何度か政権を変えるチャンスはあったはずだが、国民の投票行動の有効性が見え辛い以上、いざ選挙となると毎回何となくうやむやに現政権を追認するような形になっていた。まあ、根本的に選挙制度は「魅力が無い」という事である。そこで考えたのだが、一人一人の意思を明確に政策に反映させるには投票制度を変えるのが一番良いのではないか。これから先は半ば冗談であるが、こうした方がきっと盛り上がる。まずは現行の選択投票から信任投票制度に換えるのである。そもそも一般有権者は候補者を積極的に選択することは出来ないのであるから、これはと思う人を選ぶ事はなかなか難しい。一方、こいつにだけは絶対に代表になって欲しくないという事だったらどうか。裁判官の信任制度と同じように議員にしたくない候補者にチェックを入れる。こちらの方が簡単かつ効果的ではないだろうか?人間、ネガティヴチェックの方が圧倒的に得意である。と同時に、議会での議決権をその得票率に比例させる。何十万人もの後押しを受けた議員と例えば五千人にしか信任されなかった議員とが議決では同じ一票しか与えられないというのがそもそもおかしい。責任を明確にする意味でも、その比率に準じて、ある議員は5票、ある議員は1/2票などとしてみる。そのぐらい大胆に制度を変え無い限り、この“そこの抜けた社会”(©宮台真司)は変わっていかないだろう。その方が面白いだろ?

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« da Vinciのニューヴァージョン。  | h o m e |  REDのプライムレンズ。[RED PRO PRIMES.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/101-fef1f6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。