08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

REDのプライムレンズ。[RED PRO PRIMES.] 


2009.07.08(Wed)

primes

破壊的な価格でムービーカメラの世界に革命を起こしたRED社がプライムレンズを発表したので実物を見てきた。T1.8で25/35/50/85/100㎜の五本セットがなんと$19,000。こちらもプライムレンズとしたら革命的な値段である。
第一印象はごつい。一番軽い85㎜で2kg弱ある。CookeS4よりも大きく重い気がする。前玉の直径は110㎜に統一されているのは好い。後ろ玉の口径も十分にとられているので歪みは極力抑えられているはずである(チャートで検証した訳ではないのであくまでも印象の域を出ない事をお許しいただきたい)。色見のばらつきに関しては今ではほとんど修正が利くので、切れ味であるとか、ボケ具合、操作性などがチェックポイントになる。
日本のレンズメーカー・S社が開発したという。言うまでもなくスチールのレンズとムービーのそれでは設計思想が異なる。ムービーレンズを初めて手がけたメーカーに完璧を求めてもそれは酷と言うものかもしれないが、私の眼から見たら何か物足りない。ボケ具合がデジタルっぽくてどうも好きになれなかった。絞り羽根を見たら7枚しか無く、それも影響しているのかもしれない。絞り羽根は真円に近ければ近いほど良い。フォーカスの送り具合も微妙に違和感がある。絞りリングの回転が柔らかすぎるのも減点の対象であった。レンズも、基本的にワインと同じように、その性能は値段と比例する。安いには安いだけの理由がある。残念。

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

« たまにはアホな話でも。  | h o m e |  情報は均一には伝わらない。[Information is not transmitted uniformly.] »

コメント


だんだん機材が個人的なサイズになってきました。最近canon5Dマーク2でCMを撮影するケースも多いとききます。どうなんでしょうね。イージーにできる事がメリットですが、デメリットはなかなか見えにくいものです。それが見えたときには遅すぎたなんて事にもなるかも知れませんね。
【2009/07/12 22:39】
URL | m.hasui #l4EZtc/. *編集*

Canon5D MK2を使った作品の中でその特性を生かしたものがどれだけあるのでしょうか?疑問ですね。使える道具が増えるのは大歓迎ですが、技術者は経済効率や利便性よりもそのクオリティに心を砕くべきでしょうね。
【2009/07/13 10:52】
URL | sumio #- *編集*

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/100-7284dfe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。