10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

北原さんの参戦宣言。[Participating manifestation of Mr.Kitahara.] 


2009.02.04(Wed)

ある日録音技師の北原慶昭さんからメールが舞い込んだ。私に『アラビアのロレンス』のレビューを書い欲しい、気にかかっていることが巧く言葉にできないと言う。
以前、北原さんに勧められてパレスチナの自爆テロを題材にした『パラダイス・ナウ』を観ての感想を当ブログに記したことがある。それを過分にも評価してくれたので、その繋がりだろうと早合点した。『アラビアのロレンス』は、70ミリのニュープリントとは言え既に自分の中では確固たる評価の定まった作品である。今さらの感は否定出来ない。しかもどのような作品でも映画館で観るのは一回だけと決めているので、それは出来かねると素っ気ない返事をしてしまった。更には自分で書くべきだとまで付け加えた。
それに対して北原さんから丁寧な返信が来た。

「こちらの身勝手および言葉のたりなさに不愉快になられたら、誠に申し訳ありませ
ん。もちろんぼくも大木さんを「映画評論家」だとはつゆとも思っておりません。ただ大木さんのレビューにはほかには持ち得ない信頼感を抱いていることは事実です。大木さんの映画評の面白さの最大の点は、それが技術スタッフ=キャメラマンの視点によって書かれたものであるということです。これはキャメラマンで、なおかつそれを的確に文章化できる才のあるひとにしかかなわないことであります。
ものいいが足りなかったと思いますが、ぼくがもやもやしているのは、撮影技術、あ
るいは撮影をめぐる環境といいますか、その全般のことなのです。このところ観るもので、たとえばストーンズといい、リドリー・スコットやシドニー・ルメットの新作といい、内容うんぬんもさることながら、技術スタッフの素晴らしさ、技術の確かさを感じるのです。
このところ映画を観る際に、技術的な部分がどうにも気にかかる傾向があるのですが、それはどうやら自分を取り巻く撮影の環境や自分自身に対していくばくかの疑問や問題意識が頭をもたげていることと無関係ではないようです。技術スタッフとして映像の仕事にかかわるものとしての、なんらかの示唆を大木さんのブログにもとめてしまっているのかもしれません。それが行き過ぎであったらすいません。しかしいつか『アラビアのロレンス』について、キャメラマンの大木さんに、技術的なことをふくめた感想や意見をうかがってみたいという気持ちは変わりありません。
なんどもいうようですが、内容や映画そのものについてもやもやしているわけではな
いのです。それらは、ぼくにはとてもはっきりしています。むしろ大木さんに投げかけてみたいのは、デビット・リーンがあの映画を撮った60年代初頭から現在に到るまでに、撮影をめぐる状況は何を得て、何を失ったかを一緒に考えてみたいということなのです。そしてそれはとても大切なことのように思うのです。それを大木さんのブログの「開かれたスペース」の議論のひとつにすることもできるのではないでしょうか。しかしそれにはおっしゃるとおり、ぼくがたたき台を文章化しなくてはなりませんね。
がんばってみます。」

北原さんがメールをくれたのは、私が当ブログで呼びかけた「開かれた議論の場」へ
の参戦表明であった。ここにも奇特な方がいた。先日の木下さんといい北原さんとい
い、映像と真摯に向き合う人たちの存在には力づけられる。しかし他者のブログに何
らかの記事を投稿するとなるとやはりかなり勇気のいることらしく、半ば強引に掲載の許諾を頂いた。ここ数日間ふたりでメールをやり取りしながら「会話」を続けている。今回はその第一回目として1月29日付けの北原さんのメールを紹介した。明日以降、ふたりの「会話」を順次紹介していく。北原さんと私の「会話」が映像に対する何かしらの関心を呼び起こせたならば、こんなに嬉しいことはない。

category: 【オープンルーム】Bulletin Board

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 『アラビアのロレンス』をテキストとして~北原さんからのメール。["Lawrence of Arabia" to be a text~Mail from Mr.Kitahara.]  | h o m e |  木下さんからの返信。[Reply from Mr.Kinoshita.] »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemato.blog23.fc2.com/tb.php/10-553775a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

FC2 Blog Ranking