10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

4分間。 


2017.11.18(Sat)

 35ミリの映画用フィルムは一秒 24コマで撮影するとして、基本的な長さ400ftの場合、4分半の撮影が可能である。フィルムの長さは1000ftと400ftとの二種があるが、何故に1000の半分の500ではなく半端な400なのか。
 太陽がその下端を水平線に接して、姿をまるまる隠すまでが(或は昇るまで)およそ4分かかる。それを基準に400ftという長さが決められたと聞いたことがある。確かなことは判らないが、それが事実だとしたら、その長さを決定したフィルムメーカーの智慧を賞賛すべきだと思う。で、本題はこれから。
 先日、師匠の押切カメラマンから聞いた話である。寒い時期に水面から水蒸気が立ち昇る現象はよく知られている。一方で、空気中の水分が一瞬のうちに凍って陽光にきらめきながら降り注ぐダイヤモンドダストも、またよく知られた自然現象である。それが撮影中の彼の目前で同時に起こったそうである。彼は10年以上も安曇野に通って、水を撮り続けている。だがその長いキャリアの中でも、その現象を目撃したのは、たった一度しかないそうだ。
 水面から立ち昇る水蒸気はとても美しい。当然、構えていたカメラを回したが、2分ほどで一旦カメラを止めたそうである。よくあることだが、フィルムを回し切ってしまっては、その後更に美しい瞬間があったとしても、その一瞬を撮ることが出来ない。だからフィルムで育ったカメラマンは常にフィルムの残量を考えながら撮影に臨んでいる。(デジタルが普及した今では考えられないことではあるけれど)
 カットをかけた途端、それが起こった。一旦気化した水が個体となって、キラキラと輝きながら、再び水面に降りて来たのだ。「液体から気体、気体から個体、そしてまた液体に戻る。水の一生なんだよ。それを見ることが出来て、本当に感動した。ただ、それをワンカットで撮れなかったことを未だに後悔している。カットせずに回していれば。」と、ついさっき体験した事の様に話してくれた。それが4分間、ワンロール(400ft)を廻し切る時間内に起こったこと。
 限られた時間だからこそ、失敗もあれば、この上なく素晴らしい映像を撮ることも出来る。そうした緊張感を持ちながら、映像カメラマンは仕事をしてきた、、、4分間。
スポンサーサイト

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。