01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

哲学のススメ 


2014.02.07(Fri)

 音楽にせよ、文学にせよ、映画にせよ、すべからく芸事に関わる人々にとっては、作品を生み出すということ以上に、それが人々に受け入れられ次の仕事に繋がって行くかどうかが最大の関心事だ、と言ったら言い過ぎだろうか。どんなに素晴らしい作品を作ったとしても、それを評価する土壌がない限り、次の芽は育たない。作品が売れる売れないは「クリエーター」に取っては死活問題である。その為に、世の「クリエイター」達は自分の作品を売り込むための戦略を立てる。セルフ・プロデュースというのもなかなかに骨の折れる仕事であり、それを上手くやってのけるのも「クリエーター」の才能の内なのだろうと思う。売れる条件は必ずしも優れた作品ではないのは、世に流行るものを見ていれば判ることである。その結果、良い作品を生むことよりもそれを売るということに関心が向かえば、今話題のユニット?のような極端な方法論が出て来たとして何ら不思議ではない。
 原発の是非を主要な争点とした、つまりは国の行方を決めかねない都知事選が二日後に迫り、ロシアでは冬季オリンピックという国際政治の舞台が開幕する。そんな折、たかだか一人(二人か)の作曲家の経歴詐称(?)およびゴーストライター問題など実に下らない問題だろう。この手のニュースが主要ニュースやワイドショーなどでトップ項目として取り上げられることに毎度のことながら違和感を憶える。世間一般の関心事と僕のそれとは大きく異なっている。僕から見れば「優先順位が違うだろう。」ということだ。しかしながら、少し視点を変えてみれば、確かにこの話題に現代日本の抱える問題が大きく見えてくる。大衆の嗅覚を甘く見てはならないと思う。
 佐村河内守ユニット?の作ったものが純粋に楽曲として力を持ち、さらにそれが正当に評価されているのなら、このような騒動は無意味である。彼の作品を語る資格は僕にはないけれど、彼らの作った作品からベートーベンもどきの物語、被爆という物語を抜きにした時に、人々を感動させる力をなお持ち得ているか。それが真っ先に問われることではないだろうか。今時、誰がルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンを聴いて彼が高度難聴者であったことに思いを馳せるというのだろうか。
 おそらくは、わが国では作品そのものが同時的に評価されることはなく、作品は芸能の一部として捉えられている、と考えると今回の騒動が腑に落ちる。それに伴う物語も含めたお祭りの場が我々日本人には必要なのかもしれない。作品の真の価値は後世にゆずり、今が愉しければいいではないか、という心性。日本という国は究極のニヒリズム、刹那主義の国になっているのだろうと思う。だから大衆は物語を渇望する。人々は高みの見物を決め込み、獲物を探し、血祭りを上げては溜飲を下げることで日々を凌いでいるのではないだろうか。裏返せば、それは、個人が個人として機能することを禁じられたこの国の人々の、せめてもの抵抗の姿でもある。無論、それが好いことだとは口が裂けても言えない。
 作品の質とそれを作った人の人格や経歴などは関係ないだろう。表現行為とはそれを成そうとする人間の全人格をかけた戦いでなくてはならないが、それが完成をみた瞬間その人格の手から遠く離れたところに位置するものである。それが原則であると思う。ところが我々はものを作ることを一生の仕事として覚悟を決めた人間と、もの作りを単に金稼ぎの手段としかみなかった人間を見分ける眼を保ち得ていない。彼らの内にどれほどの覚悟があったのか。ここに、本質がなおざりにされ、手段が目的化してしまったような社会がある。多くの日本人は個の内に問題を解決する術を学んではこなかった。今、極東の島国に生きる我々に必要なものは哲学であると思う。今回の件には、アグリフーズ農薬混入事件の当事者と何処かで通底している、荒みがある。そう思えてならない。

 明日は大雪だそうだ。荒んでいるとはいえ、まだ、都会に降り積もる雪も決して汚れてはいないと信じていたい。
スポンサーサイト

category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。