FC2ブログ

10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

『ヴィヨンの妻/桜桃とタンポポ』 


2009.11.03(Tue)

ヴィヨンの妻

『パンドラの匣』に続いて太宰治原作の映画である。やはり想像したような出来で何とも・・・。「生きてさえいれば良いのよ」と言う言葉で簡単に結論付けられては堪らないなぁと言うのが正直な感想であった。確かに原作もそのような言葉で締めくくられてはいたが、その言葉を頭では理解しながら(或は切望しながら)実際にはそれが出来ないでいたのが太宰であったはずで、その煩悶とそれを易々と乗り越えてしまう女性との対比にこそこの物語の神髄があると思う。あくまでも過敏な作家の屈託と絶望と、それと対照的な妻の太々しさ逞しさを呈示する方が映画に深みが出て来たような気がする。確かに上手に撮られてはいるが、物語が淀みなく流れているので、何も心に残っていかない。演出が弱いと言うことだろう。
脚本は松たか子をイメージして書かれたと言うが、果たして彼女がそれに応えていたか疑問が残る。浅野忠信も巧いとは言いがたいし、広末涼子も然り。ただ、松と広末がすれ違う終盤のシーンでの広末の勝ち誇ったような微笑みはなかなかのもであった。室井滋と伊武雅刀はさすがの貫禄。妻夫木聡は論外。
美術の種田氏の仕事は抜群である。職人的な巧さを感じる。撮影の柴主高秀もいい雰囲気を出しているがそこまでで、些か心残りである。電車のシーンでの主観と客観との切り替え方は失敗だと思うが・・・。
新宿ピカデリーにて。
スポンサーサイト



category: 映画のはなし About Movies

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking