FC2ブログ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

台風と青空。[Typhoon and blue sky.] 


2009.10.08(Thu)

朝方、短い周期のサイレンで眼を覚ました。近くを流れる善福寺川が決壊したという警報だった。激しい雨が窓を打ち付ける。カーテンの隙間から外を見るとかなりの家々の窓に明かりが点いている。台風というのは何故か人の心をざわつかせるものだ。
20数年前の映画が思い起こされる。『台風クラブ』相米慎二監督の傑作。台風で教室に取り残された中学三年の生徒たちが暴風雨の中、下着姿で男女入り乱れてはしゃぎまくる姿が鮮烈だった。十代の頃というのは何かにつけ不安定で、時々暴走してしまうものだが、その感覚をリアルに思い出したものである。尤も、常ならぬ気象の変化がその切っ掛けになるのは、何も十代に限った事でもないだろう。
台風が過ぎ去った後の青空というのも、それはそれで私を落ち着かない気分にさせる。風雨の最中よりも寧ろぬけぬけとした空に気持ちが揺れるのは、それなりの年齢になったせいだろうか。台風の翌日、工藤由貴が駅の改札を通り抜けるラスト近くのシーンで、その背景の空は本当に青かった。そのような青空を一度は撮ってみたいと思う。
スポンサーサイト



category: 日々是好日 Days

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking