06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ギャラの話。[fee.] 


2009.07.30(Thu)

おとといのエントリー“道義”に対して、当ブログでお馴染みの木下さんからコメントを頂いた。こういう話はあまりしたくはないが、避けて通る分けにもいかない。かなり長い返事になりそうなので、今日は記事を書いてその返信にしようと思う。おそらく木下さんはキャメラマンの技量とその報酬が釣り合っていないことに苛立ちを覚えているのだと推測する。ただ色々考えると我々とて決して十分な報酬を頂いている訳ではないことが解って頂けるはずだ。

まずは世の中は不公平であるというのが大前提です。私が助手の頃の聞いていたキャメラマンのギャラと自分が独立してから頂いたギャラは値段的には変わっていません。物価上昇率を考えるとその差に驚きます。しかも当時はキャメラマンの数はさほど多くなかったですから、ひとりのキャメラマンの収入たるや現在の比ではなかったはずです。
次に個別の産業の構造を考える必要があります。CMキャメラマンが一線で活躍出来るのはおよそ10年と言われています。新陳代謝の激しい業界です。しかもCM業界で常に仕事をもらえているのは30人前後とも言われています。それはここ何年もずっと変わらないようです。それ以外のキャメラマンはかなり厳しい状況にあります。特に近年はその格差が広がっています。一方、会社員であれば定年まで勤めておよそ35年は働く事が出来ます。町工場で働く技術者もさして変わりはないでしょう。(尤も昨今の経済情勢からするとその前提は崩れていますが)
「意地と誇り」の側面を見ると、それをよいことに経営者側が労働者を安い賃金で使ってきたという状況があります。人は、賃金が安くてもそれで生活出来る限り、その職を簡単に辞めたりしないものです。私はCM業界の前には映画を志していましたが、プロデューサーがスタッフに安いギャランティをのませる為に「お前は映画が好きだろう?」と常套句のように繰り返すのを聞いて、ここに未来は無いと思いました。CMプロデューサーが100万円出せるというのならそれはそれでいいと思います。個々のキャメラマンの技量には当然、差がありますから、一概に100万円が高い安いは言えません。予算の規模もあります。そもそも一般労働者の労働対価を基準に私たちのギャランティーを云々すること自体ナンセンスです。
私が問題にしたいのは以下のことです。演出家がいて同じような内容の仕事をしていても、スチール出身者とムービーキャメラマンではそのギャランティーに大きな開きがあるということです。ムービーキャメラマンは動く画の専門家です。いわば専門家の方がその専門性を正当に評価されないということが問題だと思うのです。これには様々な問題が絡んでいるのでしょうが、一番の原因は日本のシステムではプロデューサーが機能していないということではないかと思います。スタッフのギャランティーをその能力において評価出来るのはプロデューサーをおいて他にありません。しかし日本ではその権限がいつの間にか無くなってしまっています。正当に評価する機能がなければ、ネームバリューの高い人が選ばれるのは当然の成り行きでしょう。
若い人は確実に減っています。レベルも良いとは言えません。ギャラが良くなければ優秀な人材は決して集まりません。それだけのことです。CM業界もまた、他の業界同様、負のスパイラルに陥っています。おそらくギャラが1/10まで落ちたら業界全体が立ち行かなくなってくるでしょう。「意地と誇り」は始めから身に付くものでもありますまい。漠然とした憧れはその実態を知ればいとも簡単に崩れてしまうものです。
スポンサーサイト

category: 【オープンルーム】Bulletin Board

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。