FC2ブログ

04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

『バーン・アフター・リーディング』["Burn after reading"] 


2009.05.13(Wed)

baf
前作『ノーカントリー』ような緊張感あふれる映画を期待して行くと見事に肩すかしを食らう。好きか嫌いかは分かれるところだがコーエン兄弟の本質は寧ろこちらにあるのではないだろうか。浅はかな人間の浅はかな計画が次第に周囲を巻き込んで最悪の結果を招く。結局最後に得するのは巻き込んだ張本人。何ともブラックな話は、裏目読みすればCIAとかブッシュ大統領に対する最大級の皮肉のようにも思えるが、固いことを考えずに、それぞれの役を嬉々とこなす役者たちの競演を楽しむのが正解だろう。話の複雑さ、登場人物の多さ(と豪華さ)とテンポの悪さが災いして笑えるところで笑えなかった。ジョン・マルコビッチとフランシス・マクドーマンドに焦点を絞ればもう少し話が判りやすく、ノリの良い映画になったのではないかと思う。
今回ロジャー・ディーキンスに代わって撮影を担当したエマニュエル・ルベッキは期待通りとはいかなかった。喜劇は体質的に合わないのかもしれない。コメディーの基本はフィックス。テンポがだれるのでトラッキングはなるべく避けた方がいい。今回は音の使い方に注目。ティルダ・スウィントンと喧嘩したジョージ・クルーニーが二階に駆け上がる。ティルダと共に階下に残されたカメラは彼のドタドタとした足音を聞くだけである。やがて降りて来た彼が抱えていたものは・・・。巧い。(本来ならここで爆笑なのだが・・・。惜しい。)選曲も洒落ている。クルーニーの鼻歌などもお聞き逃し無く。
ブラピファンと思われる女性客が目立つ。御愁傷様(笑)。
スポンサーサイト



category: 映画のはなし About Movies

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking