FC2ブログ

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

4分間。 


2017.11.18(Sat)

 35ミリの映画用フィルムは一秒 24コマで撮影するとして、基本的な長さ400ftの場合、4分半の撮影が可能である。フィルムの長さは1000ftと400ftとの二種があるが、何故に1000の半分の500ではなく半端な400なのか。
 太陽がその下端を水平線に接して、姿をまるまる隠すまでが(或は昇るまで)およそ4分かかる。それを基準に400ftという長さが決められたと聞いたことがある。確かなことは判らないが、それが事実だとしたら、その長さを決定したフィルムメーカーの智慧を賞賛すべきだと思う。で、本題はこれから。
 先日、師匠の押切カメラマンから聞いた話である。寒い時期に水面から水蒸気が立ち昇る現象はよく知られている。一方で、空気中の水分が一瞬のうちに凍って陽光にきらめきながら降り注ぐダイヤモンドダストも、またよく知られた自然現象である。それが撮影中の彼の目前で同時に起こったそうである。彼は10年以上も安曇野に通って、水を撮り続けている。だがその長いキャリアの中でも、その現象を目撃したのは、たった一度しかないそうだ。
 水面から立ち昇る水蒸気はとても美しい。当然、構えていたカメラを回したが、2分ほどで一旦カメラを止めたそうである。よくあることだが、フィルムを回し切ってしまっては、その後更に美しい瞬間があったとしても、その一瞬を撮ることが出来ない。だからフィルムで育ったカメラマンは常にフィルムの残量を考えながら撮影に臨んでいる。(デジタルが普及した今では考えられないことではあるけれど)
 カットをかけた途端、それが起こった。一旦気化した水が個体となって、キラキラと輝きながら、再び水面に降りて来たのだ。「液体から気体、気体から個体、そしてまた液体に戻る。水の一生なんだよ。それを見ることが出来て、本当に感動した。ただ、それをワンカットで撮れなかったことを未だに後悔している。カットせずに回していれば。」と、ついさっき体験した事の様に話してくれた。それが4分間、ワンロール(400ft)を廻し切る時間内に起こったこと。
 限られた時間だからこそ、失敗もあれば、この上なく素晴らしい映像を撮ることも出来る。そうした緊張感を持ちながら、映像カメラマンは仕事をしてきた、、、4分間。
スポンサーサイト

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

贈る言葉 


2015.03.18(Wed)

 初夏になったかのような好天の昨日、私が講師を務める専門学校の卒業式があった。三年制の学校で、四年前から教え始めた私にとっては、入学から卒業までの三年間を通して教えることのできた最初の生徒たちの卒業である。であるから、彼ら9期生の門出は特別感慨深いものがある。
 現在の技術は驚くべき早さで更新されていく。三年前に最新であった技術が今では旧いものにすらなりかねない。ならば私が彼らに伝えるべきは次のようなことではないだろうか。もの創りの、特に映像という分野での楽しさと困難さである。クリエイティブに携わる者としてどのような姿勢でそれと向き合うべきか。その基本的な考え方を伝えることが出来たら良いと考えていた。だが振り返ってみれば、それを充分に伝えきれてはいないのではないか。教えることに未熟な私は却って彼らから学ぶ方が多かったようだ。忸怩たる思いである。その反省も込め、改めて「贈る言葉」として書き留めておくのも善いことではないかと思う。

「世界と向き合うには、自分にとって自明のことが他者にとってはそうではないという認識が必要となります。ものを創ることの成否はそのことにどれだけ自覚的であるかにかかっています。他者に何かを伝えようとしたとして、百の言葉を尽くして伝わるのはせいぜい十程度でしょう。だから尚更「言葉」を尽くすべきなのです。それでも容易に理解されないものがその人の個性になるのではないかと思います。
 当たり前のことですが「言葉」は文章や会話だけとは限りません。映像も音もまた「言葉」であり、あらゆる手段が「意味(無意味も含め)」を体現するように作用します。つまり表現する者にはあらゆるチャンネルが開かれています。開かれているが故に、時として、表現者の意図に反し空回りしたり、目論見以上に芳醇な香りを放ったりします。一方、受け手にはそれを理解する能力と努力が要求されます。しかしながら、その努力を促すのはやはり作り手の責務です。それが出来ていれば、一瞬にして「物語」のすべてを表出させる表現を獲得するが出来ることもあるのです。いずれにせよ、送り手と受け手との関係においてのみ表現は成立しうるのです。
 こと、映画のような時間芸術に限定するならば、目指すべきはその時間内における変化です。作品と向き合う時間の中で始めから終わりまで何の変化もなければそれは至極退屈です。受け手にとってはそれがない作品と向き合うことは極めて無駄な時間ともいえます。Aと認識されていたものがBに、Cに変わったところに人は心動かされるのです。変化は何の前触れもなく起こるものではありません。受け手はどんなに幽かなものでも(意識するしないに関わらず)それを敏感に感知します。ですから作り手は些細なことにこそ注意を向けるべきであり、少しでも手を抜けば、途端に作品は白々しいものになってしまいます。作品におけるリアリティは細部から担保されるのだということを忘れてはならないのです。大きな嘘をつくために手抜かりがあってはならないのです。
 ただし映画を作ろうとして映画の真似をしてはならないと思います。「映画っぽいもの」が如何に映画から遠いか。映画とはもっと自由で自律的なメディアです。それを信じられるならば、その表現はより豊かにそして最も新しいものとなるはずです。優れた表現とは新しい表現に挑もうとする勇気の結果としてあるものなのかもしれません。」

 新しく社会の扉を開くすべての諸君にエールを送る。

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

映像の強度。[Strength of image.] 


2010.06.04(Fri)

テクニカルな面で言えば、最も強度のある画というのは、撮影対象が明確で、画面に映っているあらゆる要素の中でそれが最も際立っている事が条件である。つまりクローズアップは究極に強度のある画のはずだが、ただ無闇に寄れば力があるかと言えば、そうとばかりは言えまい。前々から言っている事だが、映像にはその出口に最適なサイズの切り取り方がある。一口にアップと言ってもその切り取られ方はそれが最終的に目的とするメディアの種類によって違って来て当然であろう。映画なら映画、TVならTV、携帯電話なら携帯電話に最適なアップサイズがあってしかるべきである。大きな画面で必要以上の寄りは観難いだけで然程強度を持たない。逆もまた然り。現在の映像の主流は、好むと好まざるとに関わらず、TVモニターで観て最適化されたものである。SD(4:3)からHD(16:9)への移行、画面自体の大型化は映像のサイズ取りにも変化をもたらすはずで、映画スクリーンに最適なサイズへと“回帰”していく可能性がある。いずれにせよ、出口を無視したアップサイズに力はないと私は考えている。
無論サイズだけで強度が決定される訳ではない。近年、最も強度のある映像は、おそらく、手持ち撮影によるものだが、それとて使い方次第やり方次第である。下手にずっとそれをやられていては仕舞いには目を背けたくなる。人間の目線を大きく逸脱した映像に強度はない。疲れてしまうのだ。
ワンシーンワンカットもまた映像の強度という点でかなり強力であった。その揺り戻しでもあるかのように細かなカット繋ぎがそれなりの強度を持ち得たこともあった。およそ百年の映像の歴史の中で、繰り返し繰り返し、新たな視線が発見されては、映像に更なる強度を与えて来たのである。
映像とはカットとカットの繋がり(切れ間のないひと連なりでも良いが)によって生み出される運動のことである。何でもないショットがその前後の画によってとてつもなく輝いて見えることがあるのも映像の醍醐味である。音楽に似て、映像にも一定の時間の中にモティーフがあり、通低音があり、リズムがあり、メロディがあり、それらを構成する各々の音色がある。それらの要素ひとつだけを取り上げて論じてみても意味のあることとは思えない。結局、様々の要素の集合体である映像を強く印象づける方策は実のところあってないようなものである。映像の強度は映像だけで完結しないということなのだ。我々が暫し、“映像の神様が微笑んだ”と呟くのもそう言うことなのではあるまいか。身も蓋もない結論に成ってしまったが、突き詰めてしまえば、テクニカルな面が映像に付与出来る強度というのは決して大きくはないのである。

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

転覆顛末。[The story of the turnover.] 


2010.02.07(Sun)

幸いと言おうか、転覆事故が起きたのは本番前日のセッティングチェック時であったから、カメラとギガリンク(とわたしの携帯)は駄目になったが、翌日の撮影までには体制を立て直すことが出来た。だが、もう少し時間的な余裕があればこんなことは起きなかったはずだ。ドラマ・パートの撮影が日中一杯あり、更にナイターもある。地上でのカメラセッティングをわたしがチェック出来なかった。場所の時間的制約もあり、気も急いていた。ドラマの舞台と水上撮影のベースまで離れていて、往復する時間が惜しい状況であった。
二人乗りスピードボートの、前の座席に私とカメラ、後ろの席はパイロットが乗る。以前の撮影で何事もなかったので過信も生まれた。同じセッティングなら問題はなかっただろうが欲が出た。少しでも低く構えたいとの希望を汲んでスタッフがセッティングしてくれたのだが、バランスに対する配慮が疎かになった。何しろ水上を時速7、80kmの猛スピードで進むのである。コーナーを抜ける時に掛かるGは想像以上である。それを知っているのはわたし一人である。更に言えば、当然のことながらカメラの重さは想定されていないからボートは通常よりは沈み込む。いつも通りにはボートを傾けられないのだ。
一度歯車が逆向きに回り始めると、悪い方向に向かって全てが噛み合っていくものだ。準備不足と慢心、このふたつは撮影を危険な行為へと変える最大の要因だろう。リスクを冒さなければ良い画が撮れないような状況というのはどう考えても間違っている。当たり前が当たり前でないことが人を危険に曝すのである。それなりの画が欲しければそれなりの時間と予算はかかる。クライアントにそれを説明するのは我々現場の者の仕事ではないはずだ。いずれにせよ事故は起きてしまった訳で、無事だから良かったものの、一歩間違えば大事故になっていたはずだ。安全を確保する為にどれだけ心を砕いたか、どれだけの時間を割いたか。問われるのは実に簡単な事柄である。それが出来ない状況は何としても直さねばならない。
真冬のプールに投げ出されるという経験は誰にでもある訳ではない。今でこそ貴重な経験をさせてもらったと笑っていられるけれど、考えてみれば本当に命懸けだったのだ。かなり着込んでいたせいだろうか、それとも興奮していたせいだろうか。水が冷たいと感じることもなかった。

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

職人の仕事。[Craftsman's work.] 


2010.01.21(Thu)

映像の世界では日本の技術は欠かす事の出来ないものである。その技術の核心部分は、多くの場合、比較的小規模な町工場のようなところで開発されていたりする。名もない職人気質の技術者が黙々と革新的な仕事を成し遂げているのだ。(例えばREDの重要な部分には従業員70名ほどの?計測技研という会社の技術が使われている。)
当然、世界各国にもそうした会社が数多ある。特に映像の本場アメリカにはそうした規模の小さい、それ故、先進的な会社が相当数あるに違いない。3Dの事を調べていたら行き当たったのがペース社というハリウッドにある会社である。何処の国にもここの社長のような職人さんがいる。みな同じように頑固そうな雰囲気を持っているのが面白い。こういう人たちが本当に未来への鍵を握っているのだ。彼らが本当に報われる世の中であったら善いと思う。
ペース社を訪問した日本のライターの記事があるのでここで紹介しておく。3Dカメラの仕組みを知る上でも興味深い。

category: カメラマンの覚え書き Notes of Cinematographer

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。