05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

エピック。[Epic New DSLR.] 


2009.10.31(Sat)

エピック
日本では4Kでもアップアップしているのに今度は5K。モジュール形式のデジタル・カメラが今朝、RED社から発表された。
5K (2:1) at 1-100fps
4K (2:1) at 1-125fps
Quad HD at 1-120fps(新しいHDの基準。現行のおよそ4倍の走査線)
3K (2:1) at 1-160fps
2K (2:1) at 1-250fps
1080P (scaled from full frame) at 1-60fps
とのこと。
当然ダイナミックレンジは広がっているだろうし、ノイズも軽減されているだろう。S35サイズのセンサー(30mmX15mm)で$28,000だそうだ。行く行くはRED ONEのセンサーを取り替えて5Kにすることも出来るようになるらしいが、今は未だBETA版どまり。私にはお金がないので当然それがちゃんと出来るまで待つつもり。
チャート
スポンサーサイト

category: デジタル Digital

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

デジタル・シネマ・カメラあれこれ。[A range of Digital Cinema Cameras.] 


2009.10.11(Sun)

kinor

Weisscam HS-2

nox

kinetta

si-2k

red

genesis

dalsa or

dalsa ev

viper

arriD-21

arridcs

phantom hd

yolk

f35

まだまだある。選択肢が多すぎるのもいかがなものか?この中でどれが生き残っていくのだろうか?
There are still more. How do we think too much choices? Which will survive in these?
上から順に、From the top,
KINOR DC2K、WEISSCAM HS-2、NOX DIGITAL、KINETTA、SI-2K、RED ONE、PANAVISION JENESIS、DALSA ORIGIN、DALSA EVOLUTION、THOMSON VIPER FILMSTREAM、ARRI D-21、ARRI DCS、PHANTOM HD、YOLK(PROTO-TYPE)、SONY F35。
この中には既に消えたものもある。
There is the one to have already disappeared in these also.

category: デジタル Digital

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

オーバーヒートとシャットダウン。[RED report : overheating & shutdown.] 


2009.10.01(Thu)

水上での撮影のため、リモートヘッド+スタビライザーに搭載したカメラを防水用のビニールで完全に囲っていた。せいぜいが2時間程度の撮影であったが、炎天下でもあり、その内部はビニールハウス状態である。撮影途中で警告ランプが点灯してしまった。こうなるとカメラが冷えるまではお手上げである。幸い、データに影響はなし。当たり前の事だが、このような撮影では防水と同時に通風も考慮しなければならなかった。
2K120駒(29.98ベース)での撮影。シャッター開角度を45°に設定し数テイク撮ったあとで原因不明のシャットダウン。収録が出来なかったと表示の後、メディアを認識しなくなった。再起動、HDドライヴ交換、ケーブルの交換と考えられる事は全て試したが直らず。以後挙動不審。因みに、ヴァージョンは未だ不安定と言われているBuilt20。
持っていった3台のカメラの内2台が相次いで故障。バックアップ用に持って来た自機(Built18)で撮影を続行したが、度重なるアクシデントで(それだけではなかったが)撮りこぼしをかなり出してしまった。REDを使うときは、どのような撮影でもバックアップ用のカメラを準備しておくべきである。
監督には本当に申し訳ない事をした。

category: デジタル Digital

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

Weisscam HS-2。 


2009.09.26(Sat)

hs-2-1

hs-2-2
昨日の記事でもふれた通り、P+S Technik社製のハイスピードカメラ/Weisscam HS-2の発表会に行ってきた。この新しいカメラも最近のデジタルHS同様かなりの高速度撮影が可能である。一番画質の良い2Kで1,500駒、つまり30駒ベースで50倍速、1080Pなら2,000駒(現在は未対応ではあるが将来的には720Pで4000駒まで)の撮影が可能である。しかも実効感度はISO640以上、phantomの上をいく。それでいて暗部のノイズはほとんど見られない。
発表会場にはPhantom HD、更にはF35、D21が用意されていて画質の比較が出来たのが有り難かった。出力の関係もあり厳密なところは専門家に任せるとして、一キャメラマンからみるとその4台の中でこのカメラが最もクリアに見えた。RAWデータを現場で直に調整出来る強みだろう。(下手にいじるとCGのように見えてしまうし、調整に手間取るのが難と言えば難であるが・・・。)説明を聞いてもどういう事か完全に理解出来なかったのだが、大雑把に言うと、このクリアさは1ピクセルごとの補正がカメラ本体で可能になったためだということらしい。ともかくそのクオリティはHSカメラばかりかいわゆる現行のデジタルカメラの遥か上をいく。しかも、これまで集積度の点で不利であったグローバルシャッターが(技術進歩のおかげで)採用されるようになって動体歪みは解消されている。
本体内部の温度上昇によって生じるバグやバックフォーカスずれの問題に対処する為の強力な空冷機構と警告システムを搭載していて、信頼性は増している。タッチパネル採用で操作性も好い。マウントはPLマウントはじめとしてスチールレンズのマウントにも交換可能。デジタルマガジンは2TBもあり起動には時間がかかるが、撮影をリアルタイムで見られ、再生もタイムラグなしで確認する事が出来る。デジマグを付けなければ本体自体は7kgと軽い。見た目はごついが、手持ちでも楽々いけそうである。やはり問題になるのはデータの管理と精度の悪いファインダー※で、その問題さえクリア出来れば、すぐにノーマル撮影にも使えそうである。
またまた凄いカメラが登場したものだ。

※P+S Technik社のハーフミラー方式の光学ファインダーが取り付けられるようになるとのこと。

category: デジタル Digital

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

最早、躊躇出来ないだろう?[Will not you be able to hesitate any longer?] 


2009.09.09(Wed)

予測した事ではあったが、このところフィルムからデジタルへの移行が加速の度合いを深めている。スチールカメラに動画機能が搭載されたことで、もうその勢いは留まる事は無いだろう。
先日もCanonが24/25fps対応の7Dを発表したばかりだ。APSサイズなので35mmのムービーカメラとボケ味はほぼ同じになる。720pにすれば2倍(60fps)のハイスピードも可能になった。先の5Dは30fpsのみであったが、おそらく新しいファームウエアでは24/25fpsに対応出来るようになるのではないだろうか。何故ならハリウッドは本気である。Canon5Dの周辺機材がものすごい勢いで充実しているのだ。
パナソニックのGH-1はミラーが無いので、PLマウントに改造可能で、REDと同じようにシネレンズを流用出来る。私の周りでも、すでにそれを現場で使っているキャメラマンがいる。
さらにP+S TechnikがArriflex 16 SR用のデジタルマガジンを発表した。それを使って2Kレコーディングが可能である。これなどは素晴らしいアイデアだろう。マガジンを換えるだけで、今までのフィルム技術や16mmの周辺機材がそのまま使えるのである。
REDが画期的であったのは、デジタル技術のハイエンド・クオリティを個人でも手の届く値段で提供した事にあった。しかもフィルム技術者の技術が無駄にならないような形にまとめた事が、飛躍的な普及を可能にしたのだと思う。デジタル技術が低価格で手に入れられるようになって、映像の世界は一変した。最早デジタル化は一時的なブームなどではない。フィルムに比べれば遥かに劣るクオリティである事は十分承知した上で、それでも尚、キャメラマンであるなら躊躇している場合ではないのだ。

category: デジタル Digital

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。