09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

早稲田松竹【No.225】 


2013.08.22(Thu)

 都内から名画座が消えていく中でずっとがんばって来た映画館である。何しろ、僕がまだ学生だった頃からあの通りにあったのだから、推して知るべしである。名画座というよりは、ひと昔は何処にでもあった二番館と言う括りの方がしっくりくるので、調べてみたら、僕が大学に入学した翌年から今のような名画座の形態に変わったそうだ。2002年に一時閉館していたとは知らなかったが、今もこうやって現役でいてくれることが何よりである。実は、2011年のあの日も僕はそこに居たのだった。
 波打つ屋根が特徴的なモルタル造りの建物は周囲の雑然とした建物とはひと味違う趣がある。見逃した新作が遅くとも半年ぐらいの時差で二本、半額程度の入場料で観られる映画館は今や貴重な存在である。今週の上映作品はミヒャエル・ハネケの『愛、アムール』とトマス・ヴィンターベアの『偽りなき者』。次週はジョン・カサヴェテスのニュープリント二本立なので、二週続けて来ることになるのだろうか。
 それにしても、ジャン・ルイ・トランティニアンの老け具合にいささか驚いた。考えてみれば、彼は僕より四半世紀以上も年上なのだから当たり前と言えば当たり前ではある。自分だって、学生の頃から変わらないのは頭の中身だけなのだから・・・光陰矢の如し。だが、早稲田松竹のようなこうした小屋は、時の流れとは無関係に、いつまでも存続してもらいたいものである。
スポンサーサイト

category: お気に入り Favorites

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

MY GEAR 


2013.08.05(Mon)

 ムービーカメラは、その値段を考えれば、それを所持することは夢のまた夢であった。ランニングコストも馬鹿にならない。だから映像を個人的に撮るにはビデオカメラしかない。映像の制作に携わる者としてはひとつぐらいそれを持ってしかるべきなのだろうが、それでもビデオカメラなるものを買ったことはなかった。フィルム育ちの僕に電子デヴァイスが映し出す映像は紛い物に見えた。3年もすれば古くて使い物にならなくなってしまうビデオ機材の短命さも僕に機材購入をためらわせてきた。だからRED ONEの登場はまさに革命的だった。このカメラが発表された時、ようやくフィルムのクオリティに近いものがデジタル撮影機でも撮れると思った。開発に米陸軍が関わっていると聞き、日本製のやわな多機能カメラとはまるで違う思想で作られていることも知った。10年は使えると確信した。無理をすれば何とか買える値段だったことも決め手の一つだった。発売から2年過ぎた2009年春、ようやく決心がついて(何しろ高い買い物である)RED ONEを手に入れた。
 CMの現場で使うことは始めから想定していなかった。元を取るなどという考えもはなから無かった。そもそも商売のセンスは僕にはない。ただただ映画が撮りたかっただけだ。僕のキャリアではメジャーな作品にお呼びが掛かるようなことはまずあり得ない。ならば低予算のインディーズ作品が僕の戦場になる。インディーズではカメラのレンタル代すらままならないことが多いと聞く。それならせめてカメラぐらいは自前で用意しておくに越したことはない。それに、これならインディーズで映画を撮っても目を背けたくなるような画質から抜け出せる。自分の作風からしてカメラを必要以上に振り回すこともない。これで必要かつ充分だ。そんな単純な思いからカメラを買ったのだった。その後、CMの現場でもデジタル撮影の波が押し寄せて来たので、何度かは自分の機械を使わせてもらったが、目的はあくまで映画にある。レンズはCineo Visionのセットレンズ(24,35,50,85)に加えて、Red Zoom18-50とCine Varotal 25-250 が手元にある。Sachtler Studio7+7とRonfordの三脚もあるので、そこそこの撮影なら何ら問題はないはずだ。
 おそらくRED ONE はフィルムライクな、最初で、最後のデジタル撮影機である。それ以降に出たカメラはDSLRを意識してか小さくなりすぎた。小型になることで獲得できたアングルの自由度が反って映像を安っぽいものにしているように感じられてならない。物理的な不可能性は映像の品性を保つ、などと言うと嘲笑されそうだが、僕は本気でそう考えている。(そんなキャメラマンが一人ぐらい居てもいいだろ?)映画製作において、カメラの存在はいわば旗のようなものだ。ある程度の大きさがあって、その存在をスタッフの誰もが感じ取ること。映画制作にとって、それは極めて重要なことだと考えている。そもそも馬鹿でかいレンズと小さなボディーの組み合わせは画的に美しくないではないか。そんな訳でRED ONE (MX)が、僕の、最初で、最後のデジタル撮影機である。

category: お気に入り Favorites

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

『坂の上の雲』 


2009.12.13(Sun)

めったにTVドラマを観ない私だが、NHKが社を上げて取り組んだ『坂の上の雲』は比較的熱心に観ている。ハイビジョンで撮られた画がなかなか美しい。フィルムトーンとは違いハイが飛びすぎているが、そこがまたHD撮影のお手本となるような絵柄で私は嫌いではない。落とす(暗くする)ところは思い切って落としているし、引き画もTVにしてはきっちりと引いている。このぐらいの水準ならキャメラマンとしても文句はない。ただ演出となると疑問符はつく。絵柄の良さ故に、ムードに流されて役者の芝居を掴み損ねている場面が見受けられるし、そこまで台詞で説明しなければならないのかと思うところがある。
例えば、阿部寛が身重の妻(松たか子)を残して戦地に赴く場面。玄関先で生まれてくる子の名前を書き付けた半紙二枚を妻に渡す。一方には男、もう一方には女の子の名が記されている。「男でも女でもどちらでもいいから丈夫な子を産んでくれ」と言う。明治時代の、しかも軍人の家である。傍らには同居している母もいる。そこまで饒舌であっただろうか。さらには出て行った夫を追いかけて門の外に出た妻が「どうかご無事で」と声をかける。名前を書き付けた半紙を挟んだふたりを見せるだけではそこにある夫婦の思いは伝わらないのだろうか。
尤も視聴者の方は茶の間で漫然と観ている訳だからそのぐらい親切に説明しないと理解出来ないのかもしれない。だが、と私は思うのである。視聴者とはズボラなものであるから親切にすればするほどちゃんと観ることをしなくなる。一頃に比べてTVドラマが詰まらなくなったのは演出に過剰なサービスを付加して来たからではないかと思うのである。3年もの歳月をかけて作られるドラマだけにこちらがTVドラマ以上のものを期待をしてしまうのかもしれないが・・・。

category: お気に入り Favorites

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

豪徳寺の招き猫。["Maneki-neko" of Goutoku(ji) temple.] 


2009.12.06(Sun)

招き猫
豪徳寺が猫寺と呼ばれ招き猫の発祥の地だとはまるで知らなかった。しかも今人気の“ひこニャン”のルーツもここにあるらしい。何と愛らしいのだろう。さすがにお土産物屋さんの猫たちとはひと味違う。とまれ、我が家にも福がやってくる事を願わずにいられない。
"Maneki-neko" is an ornament of white(or black) cat, and it's said will bring happiness.

category: お気に入り Favorites

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

『何かいいことないか、子猫チャン?』["What's new, pussycat?"] 


2009.10.12(Mon)

pussycat

作品的には感心するほどの出来ではなかったけれど、タイトルバックが本当にお洒落。数多あるタイトルバックの中でも一番好きかもしれない。アニメーターはリチャード・ウイリアムス(『ロジャー・ラビット』)。ウッディ・アレンの脚本、音楽はバート・バカラック。トム・ジョーンズの歌も印象的。出演がピーター・オトゥール,ピーター・セラーズ、ロミー・シュナイダーだなんて、もろ60年代の香り。
The opening credits was really stylish though it was not very satisfactory in the work. A lot of title backgrounds are, this may be most favorite in it. Animator is Richard Williams ('Who Framed Roger Rabbit'). Woody Allen's scenario and music are Burt Bacharach. Tom Jones's song is also impressive. Peter O'toole, Peter Sellers and Romy Schneider have appeared, it is the scent of the 60's completely.

http://www.youtube.com/watch?v=G2iaE_pdh_8

category: お気に入り Favorites

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。